JOKER NIKVEの新入荷アイテム

スペインのナイフメーカー「JOKER」のナイフが新たに2モデル入荷しております。

 

 

JOKER|エンバー F オリーブ ■

JOKERの人気ブッシュクラフトナイフエンバーシリーズから、持ち手がオリーブのタイプが登場。ファイヤースチールも付属なので火起こしも楽しめる。一本あるとキャンプの遊びに幅が出せるのがエンバーシリーズの魅力。

 

 

 

もちろん、フルタング仕様なのでナイフで薪を割るバトニングでも使って頂けます。

 

 

こちらの写真は上がエンバーウォールナット、下が今回ご紹介させて頂いているエンバーFオリーブ、違うのは持ち手の素材だけではありません。よ~く見てみると刃の入り方が違うんです。

 

 

 

こちらは、エンバーウォールナットの刃の入り方。白丸部分から角度が付いて鋭くなっています。スカンジグラインドと呼ばれる形状で、刃持ちがよく研ぎやすいという利点があります。耐久性が高くバトニングもしやすいのでブッシュクラフトナイフでは良く見る形状の物。

 

 

エンバーFオリーブは白丸部分から徐々に細くなっていき刃が付いているフラットグラインドとなっており、バトニングのしやすさではスカンジグラインドに劣りますが、調理等で食材を切る際には非常に使いやすい形状です。フルタングのナイフが欲しいけど、しっかり調理でも使いたいという方におススメです。

 

 

そして、もう一点。カワイイサイズのナイフが入荷しています。

 

 

 

JOKER|アビスパ ウォールナット

全長162mm、刃長80mm、刃厚3mm、重量約100gと可愛らしいスペックでエンバーウォールナットを小さくしたようなタイプのブッシュクラフトナイフ。

 

 

 

小さくても、そこは「ブッシュクラフトナイフ」と銘打っているだけあって、ちゃんとフルタング仕様。

 

 

 

ナイフの背側には滑り止めの凹凸加工も施されており、細かな作業をする際に指が滑りにくくなっています。

 

 

 

大きな食材を切ったりするのには向いていませんが、二本目のサブナイフとして使う分には丁度良いサイズ感。木の枝を削ったり、手元で作業をする時には重宝します。

 

 

 

シースにはベルトループも付いているので、お持ちのナイフと一緒に腰にぶら下げておけば上手に使い分けができますよ。エンバーシリーズとの2本持ちがおススメですが、フルタングのナイフは欲しいけど少し怖い…という方の最初の一本にもおススメです。

 

本日のブログは欲しいナイフが増え過ぎて悩んでいる松下がお届けしました。

 

 

 

 

 

Scroll to top