THE NORTH FACEのキャンプ道具

世の中が収束した時に向けて。体力が落ちていては外遊びを思いっきり楽しめない。出来るうちから準備しましょう。お家で出来る範囲で、楽しく運動したい。そんな気持ちから「moderate LIVE STORE(→)」にて日曜日の朝10:00から不定期開催ですがライブ配信で身体を動かしています。

Mobyのflowerという曲に合わせてプッシュアップチャレンジやスクワットチャレンジをやってみたり。頑張り過ぎず、それぞれの出来る範囲で。「最近、身体動かせてないな~…。」という方は是非、ご参加下さい。

 


 

キャンプやピクニック。外へのお出かけの時。荷物はどのように運びますか?家から車へ、車からテントサイトへ。運ぶ距離は大したことなくても往復する回数が増えると意外と大変。そんな時に活躍してくれるアイテムをまずはご紹介させて頂きます。

 

THE NORTHA FACE Fieludens Gear Tote M L

THE NORTHAA FACEのキャンプギアライン、「FIELUDENS(フィルデンス)」シリーズから登場している2つのトートバッグ。「FIELUDENS」は「Field = 野外/Ludens = 遊ぶ人」を組み合わせた造語で、「自然、アウトドアを文化的に楽しむ」という意味が込められています。そしてGear Toteは私の様な荷物整理の苦手なタイプの方におススメなアイテム。

 

 

メインの生地は優れた防水性と耐水性を誇る500デニールと900デニールのポリエステルTPEラミネートファブリックを使用。生地の張りは非常に強く、ハードな使い方をしても全く問題無し。

 

 

底面は汚れが付着しにくく、滑りにくい加工が施されているので地面に直接置いても大丈夫。

 

 

Mサイズで容量が47リットル。見た目は少し大きめのトートバッグ。容量的には暖かい季節のソロキャンプであればテントから火器類等の必要道具一式を収納出来そう。

 

 

パックの横にはコードが取り付けられているのでブランケットやマット、ポール等の長い物を巻き付けて固定する事が出来ます。

 

 

反対側にはデイジーチェーンが付いているので焚火用の皮手袋や電気ランタン等をぶら下げることも可能。

 

 

内部には高さ調節可能なPUディバイダ―ボードが付いており、マジックテープで固定する造りの為、用意にバッグの内部を上下で区切る事が出来ます。

 

 

汚れものは下、綺麗な物は上、と分けてあげても良いですし、テントサイトを作り上げたら中の荷物が減って取り出す際に覗き込む事になるので底上げしてあげればサッと荷物の出し入れが出来ます。

 

 

内側には大き目のフラップも付いているので雨天時の撤収の際に中身を濡らさないように持ち運ぶ事が出来ます。

 

 

 

持ち手は両サイドとパック下部にも一つ付いており、中身をガサゴソする時や車への積み下ろしの際には非常に便利なポジション。

 

 

そしてLサイズになるとご覧のようにとてつもなくデカくなります。容量は何と116リットル。生地はMサイズと同様、高耐久素材を使用している為、重量が約1,400gと少々重くなってしまうのですが、2人程度のキャンプセットは全て入りそうなサイズ感。ファミリーキャンプで使用する場合は、家族全員分の椅子を纏めて入れたりするにも良いと思います。

 

 

私は、荷物の収納が苦手でキャンプに行く時には細々とした分け方で荷物の積み下ろしに時間がかかってしまいます。全てを纏めて一つにドーン!と入れられる。こんなギアケースが欲しかったんです。今までもコストコの袋等の大きな袋を使おうとしたのですが、荷物の重さに耐えられず持ち手や生地の縫製部がちぎれそうになってしまう。フィルデンスギアトートのタフな造りなら全く心配せず使い倒せます。使わない時はお家の壁に掛けておいても格好良いですし。

 

ギアトートに続き、もう1アイテム。フィルデンスシリーズのアイテムをご紹介させて頂きます。

 

Fieludens Cooler 12

フィルデンスクーラーはソフトクーラーとハードクーラーの良いとこどりをしたアイテム。ソフトクーラーの魅力と言えばやはり軽さ。ハードクーラー程の保冷力は無いものの、軽量であるが故の取り回しの良さは非常に魅力的。フェイルデンスクーラーは約1,210gと片手でも楽々持ち運べる重量。防水性と耐久性に優れる840デニールのナイロンTPUラミネート生地を使用し、やや厚手のインナーフォームを内蔵しています。

 

 

ラミネート仕様は外側だけでなく内側も。縫製箇所を極力減らす事で空気の流入を防ぐ事が可能。動かない空気デッドエアは保冷や保温に繋がります。

 

 

そして、ポイントなのがこの蓋の部分。上蓋の下からベージュのフラップが出ています。実はこの部分には磁石が入っていて、蓋をパタンと降ろすだけで本体と蓋がピタっと付くのです。

 

 

この様にジッパーを閉めなくても冷気の流出を防いでくれる造り。この密閉度の高さはハードクーラーの特徴の一つ。それをソフトクーラーに使用してしまうところがさすがノースフェイス。飲み物を出し入れする度にジッパーの開け閉めをするのは正直面倒くさいので、これは意外と嬉しい機能。

 

 

底面にはフットパーツが付いています。真夏の熱い地面等と直接本体が接しないので保冷効果を少しでも長く持続させる為の工夫の一つ。

 

 

容量は12リットルで350ml缶を14本収納可能。両サイドの持ち手と取り外し可能なショルダーベルトを備えています。ソロやデュオでのキャンプ、皆で食材を持ち寄ってのキャンプの際には程よいサイズ感。また見た目がシンプルなので公園等でのピクニックの際にも違和感なく使って頂けます。

 

「アウトドア」を「スポーツ」という側面だけでなく「カルチャー」として楽しむ。言わばアウトドアがライフスタイルの一つになっている。そんな生活スタイルの一部にFIELUDENSのアイテムを取り入れてみては如何でしょうか。

本日のブログは、十数年ぶりに鮒を釣りに行こうと思っている松下がお届けしました。

 

 

 

 

 

 

Scroll to top