アクティブなシーンで着るウェアは機能を最優先で作られている物が殆ど。素材は勿論の事、カッティングも。でも、人によってはその如何にも過ぎるカッティングが少し苦手…という方も少なく無いと思います。今回のブログはそんな方でも抵抗なく着られる機能ウェアをご紹介致します。

 

THE NORTH FACE S/S UA CREW

汗速乾性に優れるフラッシュドライ素材を使用したTシャツ。ポリエステル系の生地は肌触りがパサパサした物が多いのですが、ハイゲージ糸で編み込んだニット生地を使用しているので肌当たりGOOD。なめらかな着心地で肌面は点接触により汗をかいてもベタつき感を軽減してくれます。

 

 

袖から脇下にかけてのパネルにフルメッシュ生地(写真の黒い生地部分)を配置し、通気性を向上させています。発汗量の増えるこれからの季節には嬉しい仕様。

 

 

裾回りや袖回りは圧着仕上げ。

 

 

さらに背面の縫製にはシーム処理。「え?この加工必要なの?」と思ってしまうところなんですが、商品名に付いている「UA」はアーバンアクティブの略なんです。つまり日常や街中のアクティブなシーンでも着られる服と言うこと。故に機能だけでなく見た目のスマートさも大事なんです。縫製が外から見えないだけでもラインがスッキリ見える。ちょっとしたオシャレへの拘りでもあります。

 

 

さらに、カッティングも少しユッタリめ。ノースフェイスのトレーニングウェアS/S Ampere MA Crew を上に重ねてみるとご覧の通り。身幅や袖丈に結構な差があります。体にピッタリフィットするアクティブウェアと違い、少しだけルーズに着られるカットになっているのです。

 

 

着用イメージ


【着用モデル 身長:約163cm  体重:約54kg  サイズ:S  カラー:TI 】

 


【サイズ:S  カラー:K】

 

 


【サイズ:S  カラー:NT】

素材は高機能系。でもカットは少しユッタリめ。このアンバランスが着てみると意外と良いんです。動くシーンだけでなく普段も着れる見た目なのも嬉しいポイント。今回、Sサイズを着用して写真を撮影したのですが、もっと緩く着るならワンサイズ上でも良かったかも。ちょっと街中をランニングする時、ジムで軽く汗を流す時、連泊で旅行に行く時には乾きが早いので現地で洗濯する事も出来ます。

機能的でありながら見た目にも拘ったS/S UA Crewで山に行けない日には街中でアクティブに過ごしませんか。本日のブログは、最近朝がスッキリ起きられない松下がお届けしました。リカバリーがしっかり出来ていないかも….。