先日まで冬に戻ったかのような寒さでした。もう出番は無いだろうと思っていたダウンジャケットを着て過ごしたものの、すっかり春モードに切り替わっている身体が付いてこれず風邪をひいてしまいそう。春先や秋口等、山でよく活躍するのがソフトシェル。薄いウィンドシェルでは少し寒い。かと言ってハードシェルを着るまでもない。そんな時に丁度良いのがソフトシェルなんですよね。実は、そんなソフトシェルがランニング用ウェアとしても登場しているんです。

 

THE NORTH FACE  URBAN ACTIVE FLEX CREW

ソフトシェルのトップスと言えばフードが付いてフルジップの前開きが一般的なイメージ。そこに敢えてのプルオーバークルーが登場しました。スウェット感覚にラフに着る事が出来ますが、撥水機能も備えておりアウターとしての機能もしっかりと備えたウェア。

 

 

ユニークなのが写真の背中から袖口まで走っている黒いライン。防水素材を使用しているわけでもないのにシーム処理が施されているのです。もちろん、見た目のデザイン性もあるとは思うのですが不思議に思いながら服を裏返してみると….

 

 

ご覧の様にシーム部分は裏側に縫い目が殆ど表れていません。内側での縫い目による擦れを軽減することはもちろんですが、外から見ると背面から袖口に走るシームテープがハイテク感を醸し出して単純に格好良いんですよね。

 

 

素材がソフトシェルなので動きやすさは折り紙付き。

 

 

この様にノビノビです。4WAYストレッチ機能を備えているので、ランだけでなくスポーツ全般の動きに対応してくれます。

 

 

【着用イメージ】


【モデル身長:163cm  体重:約55kg  サイズ:S  カラー:Z を着用】

シルエットはゆったりめ。よくある身体にピッタリフィットするスポーツウェアとは違います。今までタイトめのランウェアを使用してきた私にとっては、このシルエットが何だか新鮮。中に薄手のフリースなんかを着込めそうなので冬山の行動着として使ってもアリです。

 

 

【裾のドローコードでシルエットが変化】


【モデル身長:163cm  体重:約55kg  サイズ:S  カラー:Kを着用】

 


【モデル身長:163cm  体重:約55kg  サイズ:S  カラー:NTを着用】

こちらの2色(カラー:K , NT)は裾のドローコード引いて着用。裾を締めあげることでヒップにかからないぐらいで着る事が出来ます。ウェストあたりに生地が溜まるのでユルメのシルエットに。この仕様が意外にも女性の方にも人気。確かにゆるっとしたシルエットのランウェアは中々ないのでノンビリ走る際には丁度良いかもしれません。

 

 

私の場合、冬場のランニングウェアの組み合わせは生地厚めのベースレイヤーにウィンドシェルが定番。しかし、今時期にこの組み合わせでは暑くなり過ぎてしまいます。ベースレイヤーを春夏向けの薄い物に切り替えても良いのですが、まだ少し寒いんです。

 

 

そこで思いついたのが、春夏メインの薄手ベースレイヤーにソフトシェルを合わせるという選択肢。ウィンドシェルよりも防寒力、保温力共に高いのでベースレイヤーを薄く出来るのです。ただ重量が増えてしまうのと、収納性はよくないので長距離を走る際には向いていません。仕事前や後の早朝や夜の時間帯に軽く走るのには使い勝手良いですよ。日光が当たらないとまだまだ寒く感じる季節。街中をノンビリ走る際、自転車で軽く流す際にはソフトシェルクルーを試してみて下さい。

 

本日のブログは、最近お家でハーブを育て始めた松下がお届けしました。
(こっそりmoderateの裏でネギも育てています。)