ウールブランドのDuckworth。アメリカメイドのブランドが好きな方であれば、既にご存知のブランドかと思いますが、秋冬シーズン真っ只中、moderateでもお取り扱いをスタートする事になりました!

拘り抜いた製品は本当に着心地が良いのと、どこか懐かしみのあるアメリカブランドらしいロゴ。Duckworthのシンプルなモノづくりの中に詰まった拘りを今回のブログでご紹介出来ればと思います!


製品に使うウールはモンタナ育ちの羊から

その昔、良質なウールを持つスペイン生まれの羊を、フランス王様が気に入りフランスでその羊を飼育。Duckworthは、その良質な羊毛をもつ羊を、アメリカのモンタナ州にあるDuckworth傘下のヘリ・ランブイエの羊牧場で飼育。そして、自らが育てた羊から得られるウールのみを使用する拘り。

厳しい自然環境だから良質の羊毛が育つ

アメリカのモンタナ州は、ロッキー山脈の東斜面にあたり、孤立した山岳地帯に広がる草原等があり羊牧でも有名な土地。夏は乾燥しとても暑く、冬は極寒といった厳しい寒暖差がある自然環境で羊たちを育てる事で、通気性に優れとても柔らかく丈夫な羊毛をまといます。

羊に過度なストレスを与えるミュールジングはしません!

羊への蛆虫の寄生を防ぐため、子羊の臀部(陰部)の皮膚と肉を切り取るミュールジング。イギリスでは国として禁止をしており、また、ニュージーランドでは、メリノ業界が自主的に廃止。ヘレ・ランブイエの羊牧場でも同様にミュールジングは行わず、羊に過度のストレスを与える事なく、高山牧草地で羊たちはストレスなく自然な姿で生活することができています。

拘りの100% Made in USAのウールブランド

自然なスタイルに近い羊牧場で羊を育て、そこから得られる信頼のできる良質なウールのみを使う。拘り抜いた100%Made in USAのウールブランドがDuckworth(ダックワース)!


Maverickシリーズ

Maverick Snorkel

Maverick L/S ZIP UP

上記の2点は、ベースレイヤーとして使う事を強く意識された作り。フィットは体に沿うスリムフィット。

袖付きはラグランスリーブ仕様となり、脇下にマチをとる事で、肩周りの動きを非常にスムーズにしてくれます。

裾はセットインする為に嵩張りを抑えた縫い方。

サムホール仕様の袖


Maverick CREW

先に紹介した2点と生地は同じですが、フィットがリラックスフィットの為、ベースレイヤーとしての使用は勿論、ロンTのように日常着としてもお使い頂けます。(個人的にはCREWタイプがオススメ!)


ポップアップストアー開催!→

年末のお忙しいタイミングではございますが、ポップアップストアー行います。また、12月23日は、メーカーの方に店頭にお越し頂き、ウールのケア方法等もレクチャーうけれます!

是非、この機会に、拘りの詰まったDuckworthを手にしてみては如何でしょうか。

投稿者:飯田