今年は梅雨明けが早いようですが、これって素直に喜んでも良い事なんですかね・・・。

少し前に聞いた話では、年間の降水量はある程度決まっていて、空梅雨だった場合は何処かで帳尻を合わすように雨や雪が降るとか。

ここ近年、局地的な集中豪雨等での被害も増えてます。この早い梅雨明けが、変な自然災害の前触れじゃなければ良いのですが。

とは言え、夏遊びの期間が少し伸びる事は嬉しい事ですので、変な自然災害がない事を祈りつつ、夏を満喫出来ればと思います!


BIKE & HIKEで使えるブランド 7mesh(セブンメッシュ)(⇒


7mesh(セブンメッシュ)とは?

 カナダを代表するアウトドア ブランドを確固たる地位まで押し上げ、また、アウトドア業界を牽引してきた、TYLER JORDAN(タイラー・ジョーダン)を中心に数人のチームによって誕生したサイクルウェアーブランド。

彼等は、ロードからMTBまで、様々なサイクリングスタイルをターゲットとし、『より快適でデザイン性の高いウェアで自転車に乗りたい』というサイクリストが持つシンプルかつ当然の欲求に対して、あのブランド同様に高い技術とアイデアでモノづくりが行われています。

全ての製品は、軽さ、耐久性、心地よさ、機能性を最大限まで追求し、焼けつくような暑い日のロードでも、ぬかるむ雨の日のトレイルも、ライダーの多様な厳しい要求に応えるために、どれほど厳しい自然環境にあっても最大限の走行が可能となるよう設計されています。

そんな7meshを当店ではmoderateらしく、BIKE & HIKEで使えるアイテムを中心にセレクトしており、今回はその一部をご紹介させて頂きます。


7mesh|DESPERADO HENLEY(デスペラード ヘンリー) (⇒

メリノウールとポリエステルの混紡素材でつくられたヘンリ―ネックタイプのトップスは、激しい登りで沢山汗をかいてベタベタになったウェアーが、下りで風に叩かれて身体を冷やしてしまうようなシーンでも、ウールが持つ濡れ冷えを抑えてくれる性質で快適なライディングを実現。


ライディングのポジショニングを考えれたカッティング

7meshの多くのウェアーに共通して言える事ですが、バイクに乗りライディングのポジションをとった時に一番ストレスがないように考えられてカッティングと縫製がされており、中でも肩周り、特に背中側に複雑な立体裁断が施されています。

また、トップスの裾の長さは、殆どの時間が前屈みにのポジショニングとなるバイクらしく、背中側が長目のシルエットとなっています。


BIKE & HIKE + TOWN で使えるデザインの高さ!

DESPERADO HENLEY(デスペラード ヘンリー)は、機能だけでなく、デザイン性も非常に高く、BIKEでのシーンから山でのトレッキング、街でのカフェタイムまで幅広くお使い頂く事が出来ます!

(179cm / 63kg /size:M)


7mesh|COMPOUND SHIRT LS(コンパウンドシャツ LS)(⇒

吸水速乾に優れた生地と、耐摩耗性に優れた生地を必要箇所にマッピングされたハイブリットシャツは、コテコテのモトクロスジャージではなく、どこか洗練されたデザイン。

肩からお腹にまでが耐摩耗性に優れた極薄のソフトシェル生地

肘、袖、裾、背中は、吸水速乾に優れた涼しい生地


夏の日焼け対策から秋の紅葉トレッキングまで

シンプルでありながらテクニカルなCOMPOUND SHIRT LS(コンパウンドシャツ)は、季節を跨いで幅広くお使い頂けると思います。


(179cm / 63kg /size:M)


サイクルウェアーでハイクも楽しもう!

元々アウトドアブランドを作ってきたチームだけあって、7meshは本当に幅広いシーンで使えるアイテムが多いです。

素材や製品の特性を理解し、ブランドが属するカテゴリーを超えてアイテムをセレクトし使う楽しみ方、是非、この夏からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

私は「さっぱり派」です。(⇒
投稿者:飯田