先日はハンモックを持ってタケ谷までぶらり。

今の季節の鈴鹿は湿気がすごくて呼吸がしづらい。立っているだけで汗がじわじわ湧いてくる。

  

ごはんを食べてお昼寝2時間。睡眠不足もありただただ爆睡。薄着で寝ていて、毎度お約束のように「寒っ!」と飛び起きて、だらだらと片付けだす。

行きは川に飛び込もうかと思っていたくらいのに暑かったけれど、この時期ものんびりするときは、ダウンのブランケットとかがあるとより快適に寝れそうです。

 


さて、↑のタケ谷ハイクでも使用した、ハンモックが入荷しましたのでご紹介いたします。

eno|ProNest Hammock(

こちらのプロネストというハンモック、既に廃盤になってしまったモデルですが、どうしてなくなってしまったのだろうと思うくらい、色良し、寝心地良しで個人的にとってもおすすめ。


70D Hgih Tenacity Nylon Taffeta

寸法:約243cm×137cm

生地と耐荷重は同ブランドのダブルネストやシングルネストと同じ。だから、しっかりつつみこまれ、寝心地は最高。

ダブルネストやシングルネストと同じ安定感や寝心地の良さがあるのに軽量でコンパクトなのは、縦の長さを少し短くしているから。短くしたとは言えど、243cm。154cmの私には十分な長さですし、男性でも短いというわけではありません。

横幅は137cm。ミノムシみたいにぐるりと余裕で体を包める大きさ。このミノムシスタイルが空気を程よく閉じ込められるので、ちょっと寒いときはこのスタイルで寒さを凌ぐ。

↑大きさ重さはこんな感じ

最近はこれよりもっともっと軽い100g台のハンモックがあるから、それと比較してしまうと、やや大きく、やや重い。ただ、私自身ハンモックを持っていくときは、とにかく”まったり”したいときなので軽さやコンパクト性にそこまでシビアにならなくてもいいかなと。

軽くてコンパクトなものを知ってしまうと、どうしてもそっちのほうがチラチラ目に入るのだけれど、寝心地の良さは負けません。より快適に寝たい人は、少し重くなってしまってもプロネストが断然おすすめ。

軽いのがダメというわけではなく、何を重視するのか。軽さか、寝心地か。自分のスタイルにはどちらが合っているのか。ハンモックの種類が増えてきている中、どれにしようか迷った時の参考にしてみてください。

今日は「軽さ重視」、また別の日は「寝心地重視」と2個持ちするのももちろんありです!笑

 

ミノムシゆあさでした。