先日は2連休を利用し、奥飛騨までキャンプに行ってきました。泊まった場所は「ヒトハリ」という今年の7月にオープンした、とっても小さなキャンプ場。

本日はキャンプの内容を長ったらしく書くのはやめて、できたてほやほやの「ヒトハリ」のご紹介にいたします。


 

 

仕事が終わると、一人また一人と仲間が集まってくる。

みんなで火を囲み、好きな音楽を流し、満天の星空の下、お酒を飲み語り合う。

そんな毎日を過ごしているうちに、僕たちだけじゃなく沢山の人にこの場所を楽しんでもらいたいと思うようになった。

僕が初めてキャンプをした時。

都会の喧噪を離れ、大自然の中で自分たちの自由気ままな時間を過ごそう。

そう思って出かけたのに、周りをテントに囲まれ、結局人ごみの中でキャンプをしている自分が、なんだか少し滑稽に思えた。

せっかくだから、僕たちが普段やっていることを、なるべくそのまま体験してもらいたい。

誰もいない空間で、自由気ままな時間を過ごして欲しい。

そうして出来たのが

“ヒトハリ”

オープンが決まってからは、初めて使う草刈機や電動工具に悪戦苦闘、、、

潤沢な資金があるわけではないので、作れるものは自分たちの手で。

素人が作ったガタガタの椅子やハリボテのキッチン、少し右に傾くブランコ。

その他にも、ヒトハリを応援して下さる方から譲って頂いた物や、なけなしの資金から僕たちが拘って選んだ物。

本当にたくさんの方に協力して頂き、少しずつですがキャンプ場らしい空間に近付いて来ました。

まだまだ不憫なところもたくさんありますが、「不便さもキャンプの醍醐味」と思って遊びに来てくれると嬉しいです。

ヒトハリが皆様のお気に入りの場所になりますように。


【ヒトハリノコト、】

①1日1組限定

ヒトハリは、1日1組限定のキャンプ場なんです。夜は静かになんてルール、ないんです。

②道具がそろっていなくても大丈夫

自分用のテントは持っているけど、一緒に行くと友達は何も持っていないからどうしよう…とか、そんなことは考えなくて大丈夫です。ヒトハリには常設タープ、常設テントがあります。キャンプが初めての人、道具は持っているんだけど、その時の人数分はないというときは常設テント借りることもできます。コット、テーブル、イス、ちゃんと付いてます!

テントを持っている人は、お気に入りのテントを好きな場所に張りましょう。持ち込みテントの人も、常設タープを利用することができます。

③備品の充実

3人でのキャンプ。住んでるとところがみんなバラバラなので合流場所までは電車移動。持っていける荷物の量はあまり多くできないのと、私以外の二人はキャンプ道具は全く持っていないので、今回はほとんどキャンプ場のものをお借りしました。持って行ったものは二人用テント2つ、トレッキングポール2本、シュラフ、マット、着替え、お箸とマグくらい。

タープの下にはローテーブルがひとつとイスが6つ。バーナーや小皿、コーヒーセットなんかもありますよ。ランタンとロウソクがたくさんあります。いつもキャンプの夜は薄暗い中でのヘッドライト併用スタイルなのですが、明るいのもたまにはいいですねえ。視界良好、快適でした。

④レンタルできるもの・買えるもの

スピーカーやシアターセットが借りれます。なんだろうと思っていた木箱の蓋をパカっと開けてスピーカーが出てきたときは驚きました。シアターセットの中には「君の名は」のDVDが。「君の名は」の舞台は飛騨高山なんですね。まだ見ていないので知りませんでした。映画の舞台になっているのに、奥飛騨には映画館がないから、ここで上映会をしたんだそうです。なんて素敵なんでしょうね。

⑤お料理事情

シンク2つ、ガスコンロ2つ。料理をテキパキするにはナイスな広さ。シンクの後ろには長いベンチががひとつ。食材や出来上がったものを置くのに助かります。

大きなまな板、ボウル、鍋、サラダボール、小皿、スキレット、トング、おたま、栓抜きなどは用意されいます。ダッチオーブンはないですが、小さいスキレットが3つあるので1つを蓋にして使えば、パイなども焼けます。包丁は1本しかないので人数が多いときはもう1本あったほうが作業がスムーズです。口につけつもの(お箸やマグ)は持参です。

⑥お風呂事情

お風呂はヒトハリに隣接する旅館「花ごころ万喜」の大浴場、庭園露天風呂が無料でご利用頂けます。最高に嬉しいのが15:00~翌朝9:00まで何回でも入っていいよ!というところ。キャンプ場ではドンチャンしてもOKだけと、夜中にお風呂を利用するときだけは、静か〜に!です!!

 


とっても心地いい空間なので気になった方は是非行ってみてください。平日は比較的空いているそうです。

 

ざざっと書きましたが、ヒトハリのHPでも詳細はご覧いただけます。何を持っていけばいいの?なども詳しく書いてありますので、チェックしてみてください。

 

【ヒトハリ】
※ヒトハリは旅館「花ごころ万喜」に併設されています。
〒506-1432 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根781
今年度の営業:11月19日(日)まで
HP→()
instagram→()

 

また遊びにいきますね。
ゆあさでした。

保存保存保存保存

© 1995 TAMAYA co.,ltd.