ナイフシャープニングコンパウンド 黒緑白セット (ヘラ付き) |BushCraft Inc. 再入荷しました。



BushCraft Inc. | ブッシュクラフト

ブッシュクラフト ナイフシャープニングコンパウンド 黒緑白セット(ヘラ付き)

■メーカー説明文引用
※輸送時に小傷がついていることがあります。予めご了承ください。
※特に、キャップ部分に凹み等がみられることがございますが、利用上差支えのない範囲となっております。

炭化ケイ素系研磨剤を採用した、ナイフ専用コンパウンドです。
細目3本(#3,000・#6,000・#12,000)セット/コンパウンド用木ベラ付きです。

ストロップでお使いいただくために、より使いやすく考慮されています。
BOXストロップの場合、内部にコンパウンド3本と、コンパウンド用木ベラを収納できるよう、設計されています。
これまで、修正レベルの研ぎでは、サンドペーパー(耐水ペーパー)をストロップに乗せたり、ストーン系(セラミックやダイヤモンド)でやっていませんでしたか?
Bush Craft Inc.では、修正段階から美しいコンベックスを保てるよう、#600、#1,200、#3,000、#6,000、#12,000のラインナップをご用意いたしました。

#12,000以上に粒度の細かいコンパウンドも存在しますが、実用上の存在意義としては#12,000でも鏡面仕上げが可能なので、十分すぎるの超々仕上げレベルなのです。
逆に、Bush Craft Inc.のコンパウンドは、#600という比較的粗目の粒度からラインナップされており、本当に実用するお客様に嬉しいラインナップとなっております。

#600をお使いいただきますと、チップ(刃こぼれ)や、セカンダリーべベル、マイクロべベル等、全体的なジオメトリーの修正が可能な粗さになります。
修正用としては少し細かい粒度ですが、高価なナイフを修正されるお客様にとっては、この粒度から行うと削れすぎることもなく安心かと存じます。

ナイフをストロッピングするお客様へのスペックとしては、#600から5本セットで揃えられるのが最適でしょう。

【他製品との比較】
・固形ブロックタイプ
扱いやすく、とても良い製品です。
ただ、粒度により極端に固さが異なり、特に黒は部分的に厚塗りになりがちです。
また、カスや汚れが出やすいのも難点でした。

・リキッドタイプ
特に細かい粒度に採用されます。
革面にすぐに染み込んでしまい、均一な塗布がしずらいのが難点でした。

・ペースト状のBush Craft Inc.コンパウンド
薄く均一に塗布しやすく、#600~#12,000まで塗り味がほとんど変わりません。
このため、刃物がストロップの上をとてもスムーズに動き、また、均一なのでムラなく研ぎあげることが可能になります。
徐々に研磨成分が積層した際も、剥離させやすく、ストロップを長くご愛用いただけます。

塗布は、付属のコンパウンド用木ベラを使うと、薄く均一に塗りやすくなります。
あまりストロップの革が白くならないよう、薄く均一に塗りましょう。それが良質なシャープニングのコツです。
すでにバークリバー等のコンパウンドをお使いのお客様は、ご予算に応じて単品で購入したり、赤青セットのみ購入されるのも良いかもしれません。
塗布のコツは、商品写真にありますように、うっすらと白くなる程度で十分です。これでも撮影のため、少し厚塗りしたくらいです。

※コンパウンドが固まる、分離する等の症状について
コンパウンド容器ごと湯煎した後、木の棒等で中身をよく攪拌していただくと解消される事が御座います。

※革砥に使用した場合の手入れについて
真鍮製、もしくはそれより硬度のあるステンレス製のブラシ等で革砥に付いたコンパウンドを掃除して頂きますと、革砥の効果が復活する事が御座います。

■内容量:約100g
■容器寸法:約115×32mmΦ
■炭化ケイ素系研磨剤
■ペースト状(ピーナッツバターくらいの固さ)
■#3,000 メンテ(仕上)粗目
■#6,000 メンテ(仕上)中目
■#12,000 超仕上げ 細目

※こちらの商品は実店舗及び、弊社が運営する他ショッピングサイトと在庫を共有して販売しております。
ご注文受付後の在庫確認となり、場合によっては在庫切れが発生する可能性もございます。
その際は申し訳ございませんがメールでお知らせ致しますのでご了承下さいませ。

※メーカー画像を使用しておりますので本商品と多少仕様(ロゴの位置やカラー、柄の位置等)が異なる場合もございます。

 


ナイフシャープニングコンパウンド 黒緑白セット (ヘラ付き) 商品詳細ページへ



Scroll to top