RawLow Mountain Works|ロウロウマウンテンワークス

ロウロウマウンテンワークス タビチビトート

■メーカー説明文引用
画像はバッグの容量が約1L程度です。もちろん山と高原地図もヨコに入ります。
W27cm x H19.5cmの小さなボディにはギミックが満載です。
なぜ僕らがこのバッグを「旅チビトート」と呼んでいるのかが、お分かりいただける画像だと思います。
マチ幅が2cmからポンと一気に14cmまで広がり、トートバッグ型に変化します。
一気に容量が増え、急に荷物が増えたりした際も安心です。

<旅チビ テント場編>
Tabitibi Toteは容量が可変します。
スタッキング等で工夫すれば、なんと画像の物が全て収納できました
(ちょっと無理矢理ですが)容量が最大で5Lまで大きくなります。
パパッとラフに入れてもこれの7割程度なら余裕で大丈夫です。
例えば、テン場に着いて、ちょっと小屋のテーブルでコーヒーや食事をって時にも便利。
クッカーやストーブ類はモチロン、ある程度の物なら収納可能。
ビールの買出しなんかにも役立ちます。
画像のようにテーブルの上にもポンと置けるし自立するので、
ちょっと自転車で公園までコーヒー飲みにってシーンにもぴったりです。
Tabitibi Toteは使い方次第で様々なシーンで使える万能トートバッグなのです。

<TABITIBI TOTEさらに拡張編>
旅チビの横マチが大きくなる説明をしましたが、画像のように、
さらにダイニーマのファスナー付き天マチが内側から出てきます。
サコッシュ型から容量が一気に約5Lまで拡張する秘密はここにあったのです。
約8cm大きくなり、さらにファスナーが付いているので雨の日も安心です。

<Tabitibi 天マチの秘密>
ペットボトルが結露してバッグの中の物が濡れてしまった経験はありませんか?
旅チビトートならそんな心配も要りません。
約8cmの天マチをストンと中へ落として使用した場合、部屋が上下で分割されます。
画像のように上の部分に500mlサイズのペットボトルがピッタリ入ります。
完全にメインの部屋と分割させることで、鬱陶しい結露問題から解放されました。
山で便利なティップスはもちろん街でも役立ちます。
Tabitibi Toteはどこでも誰でも使えるマルチパーパスなライフスタイルギアなのです。

<Tabitibi Toteもう1つの使い方>
サイズ的にちょうどカメラバッグとしても最適です。
ミラーレスやレンジファインダーはもちろん、
EOS KISSくらいの小型の一眼レフならレンズ付きで収納可能なキャパシティがあります。
工夫次第で交換レンズも1本くらいなら収納可能。
ただし、タビチビトートはクッション等のハウジングがありませんので、
タオルを巻いたりカメラ店でちょうど良いサイズのライナーを見つけて、各々で工夫して使ってみて下さい。
秋は自転車でフィルムカメラとレンズを持ってのんびりポタリングなんかも良いですよね。
Tabitibi Toteはあなたのイマジネーションでどんどん使用シーンが広がる魔法のポケットです。

■容量:1~5L
■重量:120g
■サイズ:W27cm x H19.5cm

※こちらの商品は実店舗及び、弊社が運営する他ショッピングサイトと在庫を共有して販売しております。
ご注文受付後の在庫確認となり、場合によっては在庫切れが発生する可能性もございます。
その際は申し訳ございませんがメールでお知らせ致しますのでご了承下さいませ。

※画像は実物のお色と色合いの出方や濃度等が異なる場合がございますのでご理解をお願い致します。

 


RawLow Mountain Works|Tabitibi Tote 商品詳細ページへ