焚火鉈 弥彦 #オリーブドラブ [14008]|TEPPA 入荷しました。



TEPPA|テッパ

テッパ 焚火鉈 弥彦-yahiko

■メーカー説明文引用
越後の名山、弥彦山から名付けられた両刃鉈。刃の先に突起を設け、落ちている枝や割った薪を集めることができます。
また、打ち下ろしたときに刃先を守る役割も。
厚みのある両刃は、薪に対してまっすぐ入っていくので、小さな薪でも安全にスムーズに割ることができます。
火造り鍛造の鋼付き構造のため、刃の研ぎ直しや刃付けなどのメンテナンスが容易にでき、手入れしながら長く使えます。
振り下ろしたときに力が刃へ伝わりやすいよう柄を長めに設計しました。
山の稜線をイメージし、カットしたデザインの専用革ケース付き。

〇鋼付について
鋼付き鉈の特徴は「強靭で切れ味が持続する」ことです。
樹へ食い込む刃先に硬い鋼を付け、そのほかの部分は軟鉄で構成されています。
鋼は最小量に抑え、整形しやすい軟鉄に挟まれているので、比較的容易に砥げて、メンテナンスがしやすく、切れ味を復活させることができます。

これらの理由から昔から使い勝手がよく、機能を維持しながら、長く、手元に置いておける鋼付きの刃物を愛用してきました。
TEPPAがつくる鋼付きの鉈は、火打ち鍛造で鍛えた一生モノのアウトドア道具なのです。

〇ゴマやキズについて
刃にゴマのように見える、小さな「くぼみ」や「キズ」のことです。
刃を叩いて鍛えるときに材料の破片がハンマーと素材の間に入り込んでできる場合と、焼入れ処理前に表面の色付け仕上のために「ショットの窯」の中でかき混ぜた時にできる打懇があります。
このくぼみやキズは「鍛造品の証」であり、強度や使用上に問題はございません。
1本1本職人が手仕事でつくる鍛造品の鉈のためご理解ください。

■刃渡り:130mm
■刃厚:5mm
■柄:195mm
■全長:330mm
■重量:394g
■材質:刃物用炭素鋼、軟鉄、樫
■内容:鉈、専用革ケース
■生産国:MADE IN SANJO

※こちらの商品は、沖縄・北海道へのお届けは出来ません。誠に申し訳ございませんがご理解ご了承頂きますようお願い申し上げます。
※ナイフ・刃物は登山やキャンプ等の正当な目的以外で携帯すると法的に罰せられることがあります。

※こちらの商品は実店舗及び、弊社が運営する他ショッピングサイトと在庫を共有して販売しております。
ご注文受付後の在庫確認となり、場合によっては在庫切れが発生する可能性もございます。
その際は申し訳ございませんがメールでお知らせ致しますのでご了承下さいませ。

※メーカー画像を使用しておりますので本商品と多少仕様(ロゴの位置やカラー、柄の位置等)が異なる場合もございます。

 


TEPPA|焚火鉈 弥彦 #オリーブドラブ [14008] 商品詳細ページへ



Scroll to top