白川村 シネマキャラバン アウトドアセッション


世界遺産登録20周年を迎える、岐阜県白川村。
それを記念してCinema Caravan(移動式映画館)が来週の3連休、7/18-20で開催されます。(⇒)
以下、シネマキャラバン公式サイトから引用。
──CINEMA CARAVANは「地球と遊ぶ」をコンセプトに、五感で体感できる移動式映画館。
時には穏やかな湾の海辺、田んぼの中、丘の上、時代を作ってきた廃墟、または都会のど真ん中で。
自分には無かった感覚を刺激する事により、より旅を深くし、個人の人間力を向上する。
旅先の風景に野外上映用のスクリーンを広げ、日常から非日常の映画館を作り
地元の方々から生きる知恵や工夫を教えてもらい、様々な文化を体験する。
町と町、人と人とを繋げ、情報交換する場所作りをし、liveな動く媒体を目指す。
いずれ点と点が繋がり縁となるように(⇒)
 
白川村に地域おこし協力隊として移り住んでいる友人が主催しており、
今回はその前週(7/11,12)にクローズドイベントとしてアウトドアセッションを開催するとのことで
以前からお誘い頂いていたものに、Suzuka Hiker's Meeting&TOKAI AIR RUNNERSのメンバー8名で参加してきました。

これがまた素晴らしいイベントでした。
白川郷の合掌造り集落にほど近い平瀬地区の平瀬キャンピングパークが開催場所。
川沿いの広いキャンプサイトで、谷あいに位置する静かなところです。



メインスペースに巨大スクリーンとサウンドシステム、食事用のロングテーブル、
バーカウンターなどが設置され、それを囲むように参加者のテントサイトが配置。

大型タープを中心に、各々のシェルターを設営。
受付、イントロダクションを済ませたあとにいよいよスタート。
食事を協力して作ったり。
そしてそれを皆でテーブルを囲みいただく。


食材は地元産のものを使用。

普段は人と食卓を囲むことがなく、かつ20人以上の大人数ともなればウキウキ。

食事後は当初のスケジュールと少し変更となり、お風呂タイムを挟んだ後に、白山トレイルについてのスライド&トークショー。
解散後はタープの下で小宴会を。

インサレーションの上を羽織り、シュラフにくるまっていたらいつの間にか夢の中へ。
一度も目覚めることもなく、湿気に悩まされることもなく朝まで快眠でした。
地面が芝生で柔らかかったためマットも使用せず。

翌日はフィールドセッションとなり、朝ご飯をみんなで食べた後は(これがまたウマいグラノーラ、フルーツ)、
グループに分かれ、トレイルツーリングもしくは登山道整備へ。

自分は11km,1400mD+の、あまり人が入っていないコースをラウンドするトレイルセッションを選択。
まとまった人数でこれを行うことで、荒れたトレイルの活性化、明確化をする事が狙い。
シネマキャラバンクルーと共に全11人で、白山北方の山、三方岩岳や野谷荘司山周辺をツーリング。


数年前に白山は何度か訪れたことがあるため、非常に豊かな自然の残る深い山であることは知っていました。
久々にあの自然を満喫できるかと思うと嬉しくてたまりませんでした。


ぜひファストパッキングスタイルで改めて訪れたいものです。
この秋位にまた行けるだろうか、、、
シネマキャラバンの本番は来週!
岐阜県でも奥地にある白川村ですが、東海北陸道を使えば三重からでも3時間程度でアクセスすることが可能です。
白山へのトレイルヘッドもほど近く、2000m級の山の最西端となるため、東海圏・近畿圏の方は行きやすいと思います。
(白山山頂まで最も距離の短い平瀬道は現在通行止めとなっていますが、9月頃のいちばん良いシーズンに復活とのこと)
金沢まで新幹線が通ったこともあり、各都市からのアクセスもよくなっているはずです。
この機会にぜひ訪村を検討してみてください!
間違いなくいい思い出となるはず。
最後に、お世話になった白川村の方々、シネマキャラバンクルー、参加者の皆様、同行してもらったSHM&TARの面々、
本当に楽しく濃密な時間をありがとうございました!
機会あればぜひまた遊びましょう!

Texted by ブナの大群に感動したキョヲヘイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top