積極的に使える自立式シェルター登場!!

週末のSMD等のイベントを前に、ヘリテイジからかゆいところに手が届くシェルターが届きました!
“HERITAGE/クロスオーバー ドーム”⇒

テントは重い・・・、ツェルトは手軽さに欠けるといった要望から生まれた本商品。
一見するとテントにしか見えませんが、“HERITAGE”ブランドだけに、他のシェルター類と同様、透湿性のある15Dリップストップナイロンを使用し、最低限のプロテクションと軽量性を追及したシェルター。
フロアにさえ同様の生地を使ったり、テントには付いているパーツ等を省き、徹底的に軽量化を追及しています。
ドーム型テントと同様に2本のポールをスリーブに通して自立させます。
ポールを入れる側でテンションを調整出来、ストックシェルター等と比べ、少ない手順で設営可能。

入り口は長辺側に1箇所。
2つのジッパーが逆L字に走っており、これらの開き具合を組み合わせて換気の度合いを微調整出来ます。
ちなみに、開けた入り口の生地を纏めるパーツなども省いてあります。
(写真は張綱を結ぶストラップに挟んでいます)

サイズはというと長辺が210cm、短辺は100cm、天高は105cmと、1人で使うには十分過ぎる程の空間。
2人が互い違いで横になれ、座りだと3人収容可。
入ってみて感じる事は居住性の高さ。顔の周りの圧迫感の少なさはドーム型ならでは。
しいて言うならフロアの生地の薄さが多少気になるかなというくらい。
それでも先日入荷したNEMO/BLAZE(⇒)のフライは7D、フロアが20Dですから、それと比べて平均的なプロテクションは良いのかなといった印象。
ベンチレーションは長辺側に2箇所。
もちろん内側から開閉でき、テントの仕様に近付けた形です。

気になる重量は、実測694g!!
シェルター本体の収納サイズはナルゲンボトル1Lとさほど変わらず!!!
テントではないとは言え、この軽さ、コンパクトさは驚愕です。

尚、張綱はご自身でご用意頂く必要があります。
(こんなのがオススメ!⇒)
専用のフットプリント等も一切無しです。
必要最低限のプロテクションしか備えていない事さえ頭に入れておけば、これほど積極的に使えるシェルターは無いのでは!?
OMMレースの候補にも急に名乗りを挙げたダークホース!
4万を下回る抑え目のプライスも魅力!
やはりギア選びは面白い!小泉がお送りしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top