先日のお休みは久しぶりに友人と外岩へ。
豊田の天が峰はスラブ・フェイス天国。
普段そういった課題をあまり触っていないので非常に神経を使った1日でした。
(写真:雨蛙5.10a※トップロープ課題にも関わらず恐怖心に負けてトップアウトならず)

擦り減った指皮とメンタルが回復したらまた遊びに行きたいと思います!
さて、チタン製品ブランドの雄“VARGO”より、一風変わったストーブが届きました!
“VARGO/チタニウムコンバーターストーブ”⇒
1.jpg
こちらゴトク付きのアルコールストーブなのですが、そこには面白い仕掛けが仕込まれているんです!
なんとこちら別売りのヘキサゴンストーブ(⇒)にちょうどはめ込むことが出来、そうすることでウィンドスクリーンや熱効率のいい煙突効果をもたらしてくれるのです!
2.jpg
この、2つのストーブを合体させるという行為が、実におもちゃ的な要素を感じられ、非常に萌えるわけです。笑
ただ乗っけているわけではなく、ゴトク側に凹みがあるので、そこをヘキサゴンストーブにはめれば、しっかり固定できます。
3.jpg
もちろん単体でも使用可。
ストーブ本体をひっくり返せば固形燃料用ストーブとしても機能します。

単体なら実測49g。スタッフサック込みでも約60gと非常に軽量です。
4.jpg
試しにTOAKSのTitanium Cup 375ml(⇒)を置いてみましたが、径がφ80mmと若干小さいためギリギリ外側が乗っている感じ。
安定して置けた同社のカップはLight Titanium Pot 650ml(⇒)などφ95mmのものでした。
6.jpg
もちろんそうなると650mlには余裕で収まります。
5.jpg
ULで行きたいときは単体で。ちょっと積載量にも余裕があり、ストーブ2個を駆使して効率よく調理したいときには併せて持っていくなど、使い方の幅を持たせられるのが面白いですね!
一体どの時点でこの面白いアイデアが浮かんだのか、非常に気になりますね~。
ヘキサゴンストーブをお持ちの方は特にお勧めですよ!
身体が気温に付いていけない小泉がお送りしました!