キャンプのごみ箱、ハイクのごみ箱。

キャンプのゴミ箱事情。
私自身も今使っているものがしっくりきておらず、何かないかな〜と思っていたそんな中、コフランの「コンパクト・濡れてもOK・蓋付き」のゴミ箱が入荷しました。

ポップアップキャンプトラッシュカンS

左がポップアップキャンプトラッシュカンで、右がポップアップキャンプトラッシュカンS。

左側の大きいサイズのものは今までもあり、理想にかなり近かったのですが、大きすぎる点が少し気になっていました。「できればもう少し小さいのがあれば…」そんな中のSサイズの登場で、これはもう買うしかありません!

 

作りは大きいサイズのポップアップキャンプトラッシュカンと同じ。
蓋部分はジップで開閉。

持ち手あり

収納中央に向かってグシャっと!

両端に付いている留め具で2箇所留めればぺったんこで持ち運びも簡単。

そして魅力的なのがココ!
底にはコンパクトにする際に使用したループが2つとハトメが1つ。
使用中はこの3箇所をペグダウンしてしっかり固定。飛んでいきません。

大きいサイズのポップアップキャンプトラッシュカン( )、新たに出たポップアップ リサイクル ビン()も入荷しています。

 

 


続いてはお山に行く時のゴミ箱。

理想は「小さい・軽い・濡れたものを入れても大丈夫・匂い漏れが少ない・見えない」もの。

ならばコレでした。

ORTLIEB |
ウルトラLWドライバッグ PS10/1.5L(
ウルトラLWドライバッグ PS10/3L(

ビニール袋だと濡れたものを入れた時の液漏れや匂いが気になるし、ジップロックだと中がスケスケなのが嫌でした。

オルトリーブのドライサックなら上記の3点を全てクリアしてくれます。

女性の方はお山でトイレに行く時のゴミの処理、ストレスだと思います。ドライサックならトイレの時に一番ストレスに感じていたこと、少し軽減できると思います。

 

普段もゴミを捨てたいけど捨てれない、かばんに入れると汚れるという状況、私は多々あります。そんな時もドライバッグ、1つ持っておくと絶対便利です。

 

ゆあさでした。

 

Scroll to top