VARGOのアレが新しくなりました。

遊び過ぎて寝不足気味な松下です。先々週の休日は白馬乗鞍岳でのBCツアーに参加。

一緒にツアーに参加して頂いたコロンビアスタッフのT様。


ツアーでたまたまご一緒になったO様。なんと奥様が山梨のアウトドアショップSUNDAYさんにお勤めとのこと。不思議な出会いがあるものです。

そして先週の休日は高鷲スノーパークへハーフパイプの練習に。

快晴で最高の一日でした。まだまだ滑りも攻めていきます。

そして、今日はお仕事の前に養老山系へトレイルラン。

僕の急な朝練の誘いに付きあって下さる皆様に感謝感謝です。朝練仲間はまだまだ募集中。詳しくは、スタッフ松下まで!

—————————-閑話休題———————–

VARGOの定番アルコールストーブが新しくなって登場しました。
VARGOチタニウムコンバータストーブ【

一見、あれ?前のモデルとどこが変わったの?となってしまいそうですが旧モデルと並べてみると一目瞭然です。


【写真左:新モデル 写真右:旧モデル(只今セール中)】
本体、ゴトク共に新モデルの方が1cm程度低くなっています。もちろん、中に入るアルコールの量は少なくなるので燃焼時間は旧モデルは約25分のところ新モデルは約20分と5分程短くなっています。しかし、ソロで使用する分には充分な燃焼時間。燃焼時間は短くなったものの重量は軽くなっています。


【旧モデル】


【新モデル】
約8gの軽量化に成功。たった8gと侮るなかれ。ファストパッキングの際やULハイカーには重要な要素の一つです。そして、ゴトクも低くなったので縦長のクッカーを乗せた時の安定感もアップしています。

ソロでの使用だけでなく二人分のお湯を沸かしたりするのにも十分な性能を備えています。もちろん、基本性能はそのままにストーブ本体をひっくり返せばジェル燃料や固形燃料にも対応可能。

旧モデルと同様にVARGOチタニウムヘキサゴンウッドストーブ【】にアタッチメント可能。個人的に合体ロボットみたいでこういう機能が大好きです。地面から高さが出せるので雪上での使用にも向いています。

機能性や汎用性はそのままにより軽く、ソロでの使用がし易くなったVARGOチタニウムコンバータストーブ【】をお供に春の低山ファストパッキングデビュー如何でしょうか。

本日のブログは持病の膝痛を再発してしまった松下がお届けしました。今月の雑誌PEAKSの【超個性的山道具店】のページにて当店をご紹介頂いております。そちらのページに店頭で得する情報を掲載させて頂きましたので、是非ご覧ください。

Scroll to top