merino hoody

気になっている方、そろそろ欲しくなってきたのではないでしょうか?

山と道 Merino Hoody ()

 


(177cm / 61kg / size.M  col.Black)

欲しいけどもどうしようか悩んでいる方は多いはず。メリノにフードが付いていて、プルオーバータイプ。どうレイヤリングしようか、浜田もちょっと悩みます。なので色々試してみました。

 


outer : Arc’teryx / Alpha SL Jacket / size.S ()

一番わかりやすい使い方ですね。ハードシェルの下にレイヤリング。思いのほか、フードに鬱陶しさはありません。柔らかくボリュームの少ないフードなので、首周りの干渉が少ないです。さすが、世界一、細くソフトなニュージ―ランド産のメリノウール。今の季節でもミドルやベースに使い勝手が良い印象です。

 


outer : patagonia / R1 Full-Zip Fleece Jacket /  size.M ()

薄手のフリースの中に着てみました。行動中のレイヤリングに良いのではないでしょうか。フードを被って上からハードシェルを重ねれば悪天候の中でも暖かく過ごせそうです。メリノウールは体温に応じて生地が通気性を自動調整してくれる優れた性能を持ちます。汗冷えを起こしにくい為、ベースレイヤーとしても優秀なのです。

 


outer : Arc’teryx / Atom LT Vest / size.S ()

化繊中綿のベストの下にミドルとして着てみました。この重ね着の仕方は個人的にしっくりきます。クライミングの時にも調子が良さそうです。動きやすく適度に温かいですね。汗をかいても冷えにくいので、一時的な発汗が多いような無酸素な運動の時でも安心して着ていられます。

 


outer : patagonia / Long Sleeved Lightweight Fjord Flannel Shirt /  size.S ()

こんな着方もありじゃないでしょうか。ネルシャツを羽織物にしてインナーに。やはりメリノウールなので程よく温かく、これからの季節に重宝しそうです。このメリノフーディ、実はUPF40以上で高いUVカット効果も持っており、紫外線のキツイ雪の上や、高所登山の時にも活躍します。

 

ちなみに浜田がLサイズを着ると、


(177cm / 61kg / size.L  col.Black)

こんな感じです。ゆったり着るのもメリノウールの素材感が活きて良い感じです。1枚で着るなら個人的にはこのサイズが好み。サイズを上げても生地自体が薄く柔らかいので、重ね着する時に、さほど気にはならないように感じました。カラーによってはサイズが欠品している物もありますが、今ならまだサイズも選べます。お好みのサイズでどうぞ。

 

色々な着方を試してみたところ、1枚あるとかなり幅広いシーズンで着まわせるような印象を受けました。良いですねメリノフーディ。

 

最近の晩御飯は豆腐とキャベツの浜田でした。

Scroll to top