ダイナのサンライズセッションと雪遊び用のウィンターブーツ

昨日(1/15)は、お客様とダイナランドスキー場にサンライズセッション(朝の5時スタート)へ行って来ました。

土曜日から降り続いた雪で、四日市市内から既に雪国になっていましたが、地元でこの降雪量であればゲレンデも期待出来るだろうと、安全第一を心がけて車を走らせる。

ゲレンデは期待通りのコンディション。リフトが動きだす5時前からリフト乗り場に並び、最高のコンディションの中、1本目から全開でライディングを楽しむ。

とは言え、この日の早朝の気温は-8 ~ -10度という中々の寒さで、足先はキンキンに冷え、レイヤリングを少しミスした私はリフトの上で寒い寒いと言いながらも、それでも滑りたい気持ちが強、一気に2j時間半ほど滑り込み最高のコンディションを食い散らかす。
その後、冷えた体を一度解凍するかのように小休憩をしてから、今度は高鷲スノーパークへ移動し、また、新たバーンを食い散らかす。

初めて一緒に滑る方や、十数年以上一緒に滑る人など、いろんな方と一緒に滑れるのは本当に刺激になります。

本来であればお昼ぐらいまで滑る予定でしたが、地元四日市が災害レベルの降雪量との連絡が入り、交通麻痺渋滞で車に缶詰になるは本当に困るので、予定より数時間早く切り上げ帰路を急ぐ。

災害レベルの降雪という情報に、「まさか」と思いながら四日市についてみると、数時間前まで自分が居た雪国の道路よりも雪国と化していた四日市に唖然・・・。

結局、四日市は日曜日も一日中雪は降り続き、雪に対して守備力の弱い街は、まさにカオスな状況に!!!

そして、今朝(月曜日)になりようやく天候は回復したものの、あらゆる所で豪雪の影響で交通麻痺が続く。

上の写真は、今朝の道路の様子。
車道はボコボに凍り付き、ただでさえ気を遣う路面状況に追い打ちをかけるように、道の脇の竹藪の竹が、雪の重みで道路に垂れ下がり、上も下も酷い状況。

今朝は、こんなマヒ状態の街を見ながら少し早く出勤した私は、せっかくの記念にと、お店の周りをスプリットボードで歩いて遊ぶ!!

まさか、今シーズン初のスプリットボードの仕様がお店のすぐ近所になるとは・・・。

雪質や景観は、山のような良さはありませんが、現実の世界で非現実的な事が出来、久々のシール歩行を堪能!!

ただ唯一、個人的にこの長靴がどうも納得がいかず・・・。

(薪作りのチェーンソー作業用に購入した長靴byホームセンター)

やはり本来であれば、ソレルのカリブーや(⇒)

KEENの“Winterport Ⅱ Premium”(⇒)なんかが雪にマッチしてカッコイイですよね!

見た目の問題もありますが、やはりゴムの長靴はある程度の時間履くと、もの凄く蒸れてきて靴下がべたつく感じが非常に不快なんですよね。

今週末もまた寒波がきて、多くの地域で雪が降ると思われます。カッコよくそして快適に雪を楽しむためにも、皆さんも事前にウィンターブーツをご用意する事をオススメ致します!そうすれば、雪の街を出歩くのも楽しくなりますよ!

Scroll to top