milestoneの新作ヘッドライト、MS-H1 & H2のご紹介です!

昨日は年間で最も日照時間が長い夏至という事で、夜7時頃でも明るく、時間の感覚がおかしな感じになってしまいそうでした(笑)が、これから先は徐々に夜が早くなってくる為、ナイトランや夜散歩をされる方はライトの出番も徐々に増えてくるかと思います!

そこで今シーズン登場したmilestone(マイルストーン)の新作ヘッドライトをご紹介させていただきます!

“milestone|MS-H1 & H2”→

リチャージャブルで手軽に使えてとても軽量コンパクトなLEDヘッドライト、MS-G1、G2(→)も大変好評いただいておりますが、内臓バッテリーモデル故、電池が突然無くなってしまう懸念がどうしても付きまといます。

そこでバッテリーの良さと、電池を交換できるメリットを盛り込んだアイテムがこちらのH1、H2。

ライト本体+バッテリー、充電ケーブルのセットとなっているにもかかわらず、お値段がH1=¥5,300+taxと、H2=¥4,800+taxという超破格の設定。

安いからと言って侮るなかれ!
H1は白色、H2は電球色のLEDとなっており、照射パターンは、約40度の範囲を遠くまで照らすスポット照射、

約100度と広範囲を照らすワイド照射。

両方を合わせたミックスビームがあります。

それぞれの照射モードの際に電源ボタンを長押しすると、明るさを5%~100%の範囲で明るさを無段階で調整可能です。
また照射の向きは上下方向に80度の範囲で調整可能です。

因みに両モデルの価格差は明るさの指標であるルーメンスの差になり、H1は約530ルーメン、H2は約420ルーメンとなっています。

気になるのは付属のバッテリーを使った時の電池の持ちですが、それぞれワイド照射の明るさ100%時でH1が約2時間、H2が約14時間、明るさ5%時でH1が約13時間、H2が約48時間となっています。

バッテリーの充電は一度バッテリーを外し、直接ケーブルを差し込む形で、充電時間は約2.5時間です。


バッテリー以外にも単4電池3本でも駆動します。
因みにその場合、ワイド照射、明るさ5%時でH1が約40時間、H2が驚異の約160時間となっています!

使い分けとしては、H1の方がH2より照射距離が20m長く最大約160m先まで照らせるので、ナイトランなどにはピッタリ。

H2は雰囲気良く、長時間使いたいキャンプなどに適しているかと思います。
因みに私も先日のキャンプでH2を使いましたが、回りからの明るさの評判がすこぶる良かったです!笑

おでこに当たる部分はヘッドバンドではなく、肌当たりの優しいクッションパッドで長時間の装着でも快適です。

ヘッドバンドは簡単に外して洗濯も可能です。

重量は本体(ヘッドバンド含む)+バッテリーで87g。
ここに関しては極々平凡な数値かと思います。

バッテリーは本体価格¥2,000+taxでパーツ販売も可能です。
バッテリーの料金をそれぞれの価格から差し引くと、ライト本体がどれだけコスパに優れているかがお判りいただけるかと思います!

是非こちらのお得で明るいライト、ご検討ください!

小泉がお送りしました!

Scroll to top