NEMOのラグジュアリーマット、“ローマー”がリニューアルしました!

皆様GWはどのように過ごされましたでしょうか?

昨年同様、遠出や旅行などがしにくい状況ではありますが、近場の山で登山、川でバーベキュー、おうちでキャンプなどなど、思い思いにお休み楽しまれた事と思います!

その際コレがあれば良かった、アレが欲しかったなどの道具がありましたら、是非当店までまたお買い物にお越し頂ければ嬉しいです!

さてさて、GW中にも大盛況でしたキャンプ用品コーナーでしたが、中々ご紹介出来ておりませんでした、こちらのマットをご紹介させていただきます!
“NEMO|ローマー XL ワイド”→

縦197cm、横76cm、高さ約10cmほどの厚みを持つラグジュアリーなオートインフレータブルマットが今季よりアップデート。

中のフォーム材の肉抜きを縦横に行うことで、従来より効率よく設営、撤収を行うことが出来、収納サイズは同等製品と比較し、およそ半分ほどに抑えることに成功しています。

セット方法も慣れてしまえば非常に簡単。
3つのバルブを駆使する形で、バルブの間に設営(INFLATE)や撤収(DEFLATE)方法も図解されているのでそれ通りにやれば間違えることはありません。

設営時は全てのバルブを開けて3~5分ほど待っていると、8、9割方空気が入ります。

オートインフレータブルのマットとは言え、ある程度膨らんだのちでも残りの入れる空気の量が多い為、エアマットと同じポンプサックが付属。

残りの空気はポンプサックで2回ほど入れるとマットがほぼパンパンになりました。

マットのコーナーと長辺側の中央部分には、片側にトグル、逆側にはトグルを留めるストラップが施されており、同じマットを隣通しに並べて接続出来る仕様になっています。


またその仕様を生かし、撤収時には左右を留めることで撤収をスムーズに行う事が可能です。

ロールする際は真ん中のバルブだけ開けておくと、空気が中には入らず出ていくだけの状態になりますので、途中で手を離しても復元してしまうこともありません。


肌触りの良いストレッチ素材を表面に用いており寝心地は言うまでもなく至高そのもの。
身体が変に沈み込む事も無いので、長時間でも快適に寝ていられます。
勿論マットの張り具合はバルブの逆止弁を押すことで簡単に調整出来ます。
R値はASTM法で6.0あるので、冬場のキャンプでももちろんOKです!

お試しになられた方の多くはご自宅の布団やマットレスよりイイ!という感想を仰るくらいです!笑
今シーズンはSEA TO SUMMITやEXPEDなどの同等クラスの製品も多く取り揃えており、現在全てのブランドをセッティングしておりますので、是非店頭にてお試しいただければと思います!

それでは木曜日以降のご来店、心よりお待ちしております!

小泉がお送りしました!

Scroll to top