ARC’TERYXの肌触り抜群のフリース。

人をダメにするフリースとして人気のアイテムと言えば、HOUDINIのPOWER HOUDI。マシュマロの様な生地の肌触りは文字通り着たそばからダメになってしまう程の気心地のよさ。そんなPOWER HOUDIにも勝るとも劣らない、気心地抜群のフリースがARC’TERYXからも販売されているのをご存知でしょうか。

 

ARC’TERYX  Kyanite Hoody

人をダメにするフリースと同じ、ポーラテックパワーストレッチ プロを使用したカイヤナイトフーディー。伸縮性のある生地構造により自由な動きが可能で、肩回りや腕回りの自由度が抜群に高くなっています。山ではミッドレイヤーとして、街ではアウターとして単体でも着用出来るので自然と着用回数が増えて愛用してしまうアイテム。

 

 

一番の特徴は、やはり裏地の肌触り。細かく起毛したフリース素材は優しく肌を包み込んでくれるので、サッと羽織るとその瞬間から暖かさが感じられます。

 

 

ジッパーの滑らかさに定評のあるアークテリクスですが、フロントジッパーは不意に開いてしまわないようノンスリップジップを採用。

 

 

両サイドに設けられたポケットは、生地と同色の物を使用しています。まるで縫製の一部かのように違和感なく取り付けられているので、見た目がよりスマートに感じられる。「たかがポケット」と言ってしまえばそれまでですが、こういった細かいポイントにも美的センスが隠れているのがアークらしいところ。

 

 

ウェアをひっくり返すとより、アークテリクスならではの作り込みが隠れています。

 

 

ポケットの裏地はメッシュにすることでフリースの特徴である通気性を妨げないようになっています。このメッシュ生地も非常に滑らかな肌触りなので、下に着た服と摩擦を起こしにくく快適な気心地に一役買っているのです。

 

 

胸元にはジッパーポケットが装備されており、携帯電話を入れるのに丁度いいサイズ感。縫製では無く、圧着により付けれているのでゴワツキ感も全くありません。

 

 

襟元の内側には生地が配されており、起毛していません。ここが意外と重要で、あご周りは生地が擦れやすく毛玉になりやすいんです。特に私の様にヒゲが生えているとより顕著になり、フリースの起毛とヒゲが引っ掛かる事も。生地が一枚配されるだけで随分とストレスが軽減されるので個人的には非常に嬉しいポイント。

 

 

アークテリクスの得意とする立体裁断も忘れていません。脇下やフード部分も立体的なカッティングになっているので生地のストレッチ性と相まって着心地を抜群に向上させているのです。

 

 

 

【着用イメージ】


【着用モデル 身長:約163cm  体重:約55kg】

・トップス ARC’TERYX Kyanite Hoody / Color:Paradox / Size:S

・パンツ ARC’TERYX Levon Pant / Color:Carbon Copy / Size:29

・シューズ INOV8 ROCLITE280 / Color:BLK

 

 

・トップス ARC’TERYX Kyanite Hoody / Color:Rhapsody / Size:S

・パンツ RESOLUTE  710 ワンウォッシュ  / Size:W28 L28

・シューズ INOV8 ROCLITE280 / Color:CYT 

 

 

・トップス ARC’TERYX Kyanite Hoody / Color:Cobaltmoon / Size:S

 

 

・トップス ARC’TERYX Kyanite Hoody / Color:Black / Size:XS

トリムフィットデザインとなっている為、身体にピッタリめになるシルエット。私の体格ではXSサイズがジャストサイズでベースレイヤーの上から着るならXSサイズを選びます。Sサイズで少しユッタリめになり、袖丈も少し余りますがシャツ等を間に挟めるぐらいの余裕があるので普段着でも着やすいサイズ感。この柔らかな生地に包まれている感覚は快適そのもので、一日中着ていたくなってしまいます。ちなみにフーディだけでなくジャケットタイプのお取り扱いもあります。

 

・トップス ARC’TERYX Kyanite Jacket / Color:Rhapsody / Size:S

・パンツ RESOLUTE  AA710 ワンウォッシュ  / Size:W29 L29

・シューズ INOV8 ROCLITE280 / Color:BLK

 

フードも立体裁断で形作られており、ヘルメットの下に被れるようになっていますが自転車やバイク等で使用する場合、フードが邪魔になってしまうことも。その様なシーンではジャケットタイプがおススメ。フードが無いだけでよりスッキリした見た目になるので、スラックスのパンツに合わせてお仕事の際にも着て頂けます。

まだまだ寒い日が続きます。サッと羽織れて暖かく過ごせる便利な一枚をお探しの方は、是非ご試着してみて下さい。そのまま着て帰りたくなる事間違い無しですよ。

本日のブログは松下がお届けしました。

 

 

 

 

 

Scroll to top