暑い夏も爽快に走れるTHE NOTH FACE のランニングウェア

ここ三重県でも2、3日天気の良い日が続いています。いよいよ梅雨明け目前、夏本番がやってきます。汗をダクダクに掻きながら走って川にドボン。そんな遊び方が楽しい季節。本日は、夏に気持ち良く走る為のウェアをご紹介させて頂きます。

 

 

THE NORTHA FACE  S/L FlashDry Racing Crew

私は、夏に走る時はもっぱらスリーブレスかタンクトップ。好みによるとは思うのですが、袖があるだけでも暑苦しく感じてしまうんです。特に気温、湿度共に高い低山域では強く感じます。汗は滝の様に掻くので吸汗速乾性は必須。それに加えて欲しいのは、着用し続けた時の快適性。

 

 

生地をアップで見てみるとうっすらとボーダー状になっています。ただ単純に柄をあしらっている訳ではなく、ちゃんと機能性に基づいたもの。

 

 

 

写真の図の様に肌面には撥水加工が施されたポリエステルを配する事で、肌への貼りつきを抑え動きにくさや不快感を軽減してくれます。汗を掻けば掻く程、身体へピタっと生地がくっつきボディラインがくっきり見える。あの状態を抑えてくれるのです。肌と生地の間に空間があれば空気が流入して涼しく感じられる効果もあります。

 

 


【モデル身長:約163cm  体重:55kg  Size:S  Color:TI を着用  】

肌触りはサラサラで、とにかく軽いんです。縫製部分の当たりも滑らかで長時間着用しても苦になりません。不快な静電気の発生を抑える静電ケア設計で作られている為、空気の乾燥する冬時期にジムでトレッドミルを走る時にも着られます。ポリジン加工も施されているので、バクテリアの繁殖を抑え、汗の匂いの発生がしにくい仕様。

 

 

 

S/L Better Than Naked Crew

先にご紹介させて頂きましたS/L FlashDry Racing Crewと基本的な機能は同じながら、バックパックを背負う事により注視して作られているのが、このS/L Better Than Naked Crew。

 

 

背面側を見て見ると、前面とは生地のカラーが異なります。この部分は、色が違うだけでなく生地の作り自体が異なるのです。

 

 

背面側に配されているのは写真の様なメッシュ生地。バックパックを背負うと、背中側はどうしても汗が溜まりがち。それを少しでも軽減する為に、より通気性の高い素材へと切り替えてあるのです。

 

 


【モデル身長:約163cm  体重:55kg  Size:S  Color:TI を着用  】

メッシュ部分が化学繊維特有のパサつきを感じるかな…と思っていましたが、そんな事もありません。正面のビッグロゴに加え、後ろから見るとメッシュのカラー切り替えがレーシーな印象を受けるデザイン。私は追い込みをかける時、ウェアでスイッチを入れて気持ちを切り替えたりする事が多いので、個人的には結構好きな見た目です。

 

 

 

Flyweight Racing Shorts

登場から数年経っても人気があるノースフェイスのランニングショーツ。初登場した時に買った物を未だに愛用しています。(もうボロボロで買い替え時ですが…。)マイナーチェンジを繰り返しながら販売され続けているFlyweight Racing Shortsの特徴は、やはりポケット。

 

 

腰回りにグルっと配されたポケット達。携帯電話や鍵、補給食等…細かい物を入れるのに非常に便利。しかしポケットがある分、生地に厚みが出てしまうので暑く感じてしまう事も。そこで今回、考えついたのが….

 

 

 

コチラの保冷剤。特別な物ではなくて、ケーキとか買うと付いてくるアレです。

 

 

保冷剤を腰に忍ばせておけばヒンヤリ感を感じながら走る事が出来るんです。おススメはガチガチに固まった物よりも少し柔らかくなったぐらいの物。その方が当たり感が少ないので。もちろん、キンキンに冷やしたソフトフラスクでもOK。冷たい物を入れてあげればクールダウンに一役かってくれます。

保冷剤を使う場合は、短時間の使用がベストです。溶けた後、逆に保温されてしまいます。ジップロック等の防水系の袋に氷を入れても良いかもしれません。溶けてきたら頭からバシャバシャっと被る事が出来るので。

暑い中での運動は熱中症のリスクが高まります。体温が上がり過ぎないように対策をしっかりとして、外遊びを楽しましょう!

本日のブログは松下がお届けしました。明日のお休みは沢遊びに行ってきます!

 

 

Scroll to top