山と道 β Merino Coach Shirt Jacket

ここ最近、つくづく感じていることがある。自分は「外遊びで心のバランスを取っていた」ということ。失ってから大切な物に気づくとはよく言ったもので、遊びだと思っていた事が実は自分の中でとても重要な要素を占めている事に気づかされました。庭で遊んでみたり、筋トレしてみたり、色々と策を講じてみるものの…山のソレには到底及ぼない。きっと我慢した分、今まで以上に山の楽しさを感じられるはず。そう思いながら過去の写真を眺め、来るべき時の山行を想像してニヤニヤ。

 


 

山に行かなくても、山の道具や服は欲しくなります。なんとも不思議な思考回路。理由はただ単純で「使ってみたい!」という物欲が湧いてくるから。本日ご紹介させて頂く服も、私の物欲を刺激するアイテムの一つ。

 

山と道 β Merino Coach Shirt Jacket

山と道研究所で初めてこのコーチシャツジャケットを目にした時、「山の服」というより「ストリートの服」というイメージが頭に沸きました。ちょっと広めの身幅、大き目のチェック柄。20代の頃、B-boyだった私にはとても馴染みのある柄と形。故に頭に浮かんだのが「ストリート」のイメージなのだと思います。この「山の服らしくない」デザインがとても良い。

 

 

見た目だけでなく、随所に山と道らしい拘りが詰まっています。使用されている生地はイタリアの老舗メーカーの100%メリノウール織地。ネルシャツの様な厚みは無いのですが、張り感のある生地は適度に防風してくれます。行動着として、とても使いやすいタイプ。

 

 

 

フロントのスナップボタンはパチパチっと簡単に付け外しが出来るので、グローブを付けていたりストックを手にしたままでもマメな体温調整が可能。

 

 

 

「シャツジャケット」なので左右両方にポケットが備え付けられています。普段も着ようとするとポケットは絶対にあった方が便利。脇下回りから袖口まで、特殊な形状になっており腕回りの自由度が非常に高くなっています。この機能性があれば、フィッシングでも活躍してくれそう。

 

 

 

大きめの襟にもちゃんと機能があります。

 

 

 

襟裏に白い小さなボタンが配されており、立てて止める事で風や陽射しから首回りを守ってくれます。

 

 

 


【モデル身長:約163cm  体重:約55kg  サイズ:S  GrayCheckを着用】

ストンと下に落ちたボディーと前後の丈感の差。緩く着られるこの形が良いんです。山から下りてきて、そのまま街中で食事をしていても全く違和感無し。もちろん、着心地もバッチリ。肩回りや胸回りが張る事もなく、長時間着ても快適である事が伺えます。

 

 

 


【モデル身長:約163cm  体重:約55kg  サイズ:M  NavyCheckを着用】

個人的にはMサイズの着用感も結構好み。お尻が殆ど隠れる程度の丈感でシャツ要素よりもジャケット色が強く出る。さらにサイズアップしてコートテイストに着るのもありかもしれません。機能的でありながらもカジュアルに、緩く着られる。街から高山域の山行も含めると年間を通して活躍してくれるアイテムと言えます。

今回ご紹介させて頂いているアイテムは「β版」のアイテムとなり、通常は店頭での販売のみとなっております。昨今の状況を鑑み、店頭へお越し頂けないお客様もみえる為、期間限定でオンラインショップでの販売が可能となりました。この機会に是非、ご覧下さい。

 

本日のブログは、松下がお届けしました。

 

 

 

 

Scroll to top