即戦力&通年使えるソックスで足元もレイヤリングしましょう!

大寒を過ぎ一年で最も寒い季節。

来週にかけてはまた寒い日が続きそうですね。

街中はご免ですが、鈴鹿の山にはもう1、2回くらい雪を纏った姿を見せてもらいたいものです。

さてさて、今回は真冬の山でも使えて、且つ通年でも活躍する、そんな便利なソックスをご紹介します!

まずはこちら。
“FITS|ヘビーエクスペディションブーツ”⇒

その名の通りのフィット感、厳しい環境下でも使える保温力、クッショニングをもつ、FITS最厚モデル。
平置きでも立体感が伝わるつま先や踵の作りは、一般的な厚手の登山ソックスとは比較にならない抜群のフィット感を提供してくれます。

平置き状態

足(模型)を入れた状態

つま先から踵にかけてぴっちりと生地余りの無い高いフィットがお分かりいただけるかと思います。
特にブーツを履く時などは、フィットが悪いとソックスがずれて終日足が気持ち悪いなんてこともありますし、靴擦れ、豆の原因にもなりますので、ソックスの役目はとても重要です。

こちらのモデルは23㎛のウールを使用し耐久性を確保。
裏返してみると弾力のあるパイルが密度を変え配置されており、踵やつま先、足首回りなどは保温力やクッショニングを重視して高密度に、上部や甲などは少し密度を落とし、ブーツとの干渉を抑えたり、汗抜けをよくするなどの工夫がみられます。

冬だけでは無く、3シーズンのトレッキング、普段でもブーツを愛用される方や、テン泊時のブーティー、予備のソックスとしても通年活躍してくれる本当に活躍シーンの多い一足です!

 

続いてこちら。
“SEALSKINZ各種”⇒

3レイヤー構造を採用したフィット感抜群の完全防水ソックス。

今シーズン名称は変わったものの大きな変更は無し。
ただトピックとして丈の短い”Warm Weather Ankle Length Sock with Hydrostop”(⇒)は前モデルに比べ大幅にコストダウン!
“Hydrostop”無しの前モデルとほぼ同じ価格となっています。

Hydrostopは内側に施されたコーティングで、泥や雨の侵入を抑え、ずり落ち防止などに効果的なので、ハイクの他スノーランやMTBなどにも非常におすすめですよ!

当店は薄手のクォーター丈の”Warm Weather Ankle Length Sock with Hydrostop”(⇒)と、

ミディアムクッションでクルー丈の”All Weather Mid Length Sock”(⇒)をご用意しています。
少しゴツめのブーツをはかれる場合はこちらがお勧めです。

一般的な登山ソックスに比べ少々値段は張りますが、こちらもシーズン問わず、幅広いアクティビティ、悪天候、悪路に対応できるアイテムとなっています!

最後はこちら。
“injinji|ライナー クルー ヌーウール”⇒

探してみると意外と少ないライナー用のソックス。
しかも素材はメリノウール、5本指と限定していくとその選択肢は殆ど見当たりません。

そんな中登場したこちらのライナーソックス。
メリノウール製で肌触りの良さはもちろん、重ね履きすれば保温層を作りとても温かく、適度に調湿調温をしてくれるこの時期にピッタリの素材です。

重ね履きで圧迫感が生まれることもなく、5本指なので登攀時、下山時の踏ん張りも効かせやすいライナーとしてはベストな選択かと思います!

もちろん単体使用、普段履きもOKですので、夏ならメリノウールの抗菌防臭作用で臭くなりにくく衛生的。
蒸れ感を感じることなく汗を発散させるので、綿のソックスとは比べ物にならない快適さです!

以上のラインナップは特性は全く違えど、高い汎用性を持つソックスとなっています!
ライナーと他2点の組み合わせも面白いですね!

足元も最適なレイヤリングを探してみてはいかがでしょうか!

小泉がお送りしました!

 

 

記事内でご紹介した商品はこちら










 

Scroll to top