THE NORTHA FACE  Fiction Short

ちょっと涼しくなってきたけど、ランニング中はまだハーフパンツでいける。でも、真夏に穿いているタイプだと見た目が涼しすぎるような…。追い込む時は、そういうタイプで良いのだけどのんびりユル~く走る時にはちょっと気分を変えたい。そんな時にちょうど良いショーツなのがFriction Short。

 

 

平置きにするとちょっと太めだけど、穿くと意外にスッキリ見える形。そして一番の特徴は、この見た目。染めている様に見えるのですが環境への負荷を考慮し、染め工程を省いた高精細プリントを採用しています。

 

 

かなり近づいて見ても本当の染め物のようなグラデーション。ちなみに生地は高密に編み込んだ軽量なポリエステル布帛生地で2WAYストレッチなのでランナーの動きにしっかり追従してくれます。

 

 

フロントポケットは意外と深く、大き目の財布も入ってしまう程。この点はランニングだけでなく、普段履きたい時にはとても便利。

 

 

もちろん、ランニングパンツに必要なスマートフォンが入るファスナーポケットも腰中央にあります。お家のカギや飲み物を買う為の小銭を入れておくのにも便利なポケット。ただ、スマートフォンのケースが大きいと入らない事もあるのでご注意下さい。

 

 

着用イメージ

 

 


【モデル身長:約163cm 体重:約54kg  サイズ:S  カラー:NT を着用】 

穿いた時の肌触りはシャリっとした独特な感じで少し涼しくなってきた頃には丁度良い生地厚。夏向けのランパンの様に部分的にメッシュの切り返しになっていないので見た目がスポーティーになり過ぎない。故に街中を軽く走る時や電車移動してから走る時、そんなシチュエーションにおススメ。パンツ単体で見るとカラーやグラデーションが派手かな…と思ってしまうのですが、穿いてみると意外と落ち着いて見えるんです。

 

 

ワンサイズアップして、ゆるく普段穿きにも

 

 


【モデル身長:約163cm 体重:約54kg  サイズ:M カラー:SM を着用】

敢えてワンサイズアップして大き目に穿くのもアリ。ウェストはヒモで締められるスピンドル仕様になっているので、調整してあげればワンサイズ上なら穿けてしまいます。ただ、腰ポケットに携帯を入れた時に揺れ幅が大きくなってしまうので、ランというよりは普段やハイクの時におススメのサイズ感。

 

紅葉の山を走りに行くのも良いですが、街中や公園をノンビリ気持ち良く走れるのも秋の気候ならでは。ちょっとだけパンツにカラーを取り入れて走りに行きませんか?

本日のブログは松下がお届けしました。