残暑も快適に過ごせるpatagoniaのボクサーブリーフ

少し秋らしくなってきたと思ったら、また暑い日が戻ってきて。身体の体温調整が上手くいかず何だか体調を崩しそう。ここ三重県四日市は今日の日中は刺すような陽射しでした。まだまだ残暑を感じるこの季節にも快適に穿けるボクサーブリーフがあるんです。

 

日常から山、スポーツシーン、様々な環境で穿ける一着

patagonia Men’s Essential Boxer Briefs – 3”


【写真は前側】

アウトドアメーカーの下着にどのようなイメージをお持ちでしょうか。僕が初めてアウトドア系の下着を見たのは学生の頃。その時の第一印象は「値段が高い。」でした。それまで下着と言えば某ファストファッションブランドの1枚500円程度の物を使用していたので価格差に驚いたのは言うまでもありません。

 

 


【写真は裏側】

でも、今はと言うと着用している下着は全てアウトドアブランドの物。結局、耐久性や快適性、機能性を考慮するとアウトドアブランドの物が使い勝手が良いんです。普段と山、ランニングとシームレスに使えますし。

 

 

ちなみに、Essential Boxer Briefs – 3” には吸湿発散性と通気性を備えたテンセル・リヨセル/ポリウレタン混紡のストレッチ・ジャージー生地が使用されているので肌触りが抜群に気持ちいい。さらに、人間工学に基づいたカットによりまくれ上がりや片寄りを防ぎ、肌が擦れないフラットロックシーム仕上げなので長時間の着用でも問題無し。

 

 

ウェスト部分も穿いているうちにクルクル丸まったりしないようデザインされており、男性なら気になる股間のポーチも立体裁断になっているので擦れを減らしてくれます。

 

 

カワイイ柄物もあって価格は\3,700+TAXです。この価格が適正かは実際に穿いて頂ければお分かり頂けます。また、工場の従業員にプレミアム賃金が支払われるフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用しているので、patagoniaの下着を着用する事はそういった活動に参加する意味もあるのです。

 

 

スポーツシーンや暑い日に活躍する一着

patagonia Men’s Sender Boxer Briefs – 6”

人間工学に基づいたカットや立体裁断のポーチ等は先のモデルと同様ですが、Sender Boxer Briefs – 6”には軽量なリサイクル・ナイロン/ポリウレタン混紡の生地が採用されています。フォーカスしているのは「速乾素材」と「フィット&サポート力」。

 

 

ご覧の様にマイクロメッシュの生地で出来ているので非常に優れた速乾機能を備えています。まだまだ汗を沢山掻くランニングやスポーツシーンでは必須の機能。また、股間のポーチに関しては生地を二重にすることによってフィット感とサポート力も持たせているのです。動きに合わせてしっかりと伸縮してくれるので大きく足を上げた時にもツッパリ感や動きにくさが生じにくくなっています。

 

 

 

2つのモデルの良いとこドリ

patagonia Men’s Essential A/C Boxer Briefs – 6”

どのあたりが良いとこドリかと言いますと、まず素材。テンセル・リヨセル95%/ポリウレタン5%のジャージー素材と通気性を備えたリサイクル・ナイロン89%/ポリウレタン11%のストレッチ・マイクロメッシュ素材の2種類が使用されています。

 

 

写真の白い線の中、股間から股下にかけて蒸れやすい部分には通気性に優れたマイクロメッシュ素材を。その他の太腿やお尻回りにはジャージー素材を使用する事で、肌触りも良く仕上げています。

 

 

日光に透かしてみるとこの様に生地の違いが一目瞭然。適度な通気性も確保しながらも優しい肌触りの履き心地が欲しい。そんな我儘な要求に応えてくれる一着。

 

 

下着を新調しようとお考えの方や、アウトドアブランドの下着を試された事の無い方。是非、patagonia の Boxer Briefを試してみて下さい。用途に応じたモデルをお選び頂ければリピーターになってしまうかも。個人的には、プレントとして送るのもアリだと思います。中々、自分の下着にお金をかける機会ってありませんから。送って貰うと結構嬉しかったりするんです。

 

本日のブログは、ここ最近バタバタであまり山へ行けてない松下がお届けしました。

来週になれば少し落ち着くので、ノンビリ歩きに行ってこようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

Scroll to top