GW終わってしまいましたね~。悲
でも今回のGWは史上最長という事もあってか、皆さんの鋭気が養われまくって、GW明け初日から町に活気を感じたのは僕だけでしょうか!?
当店も皆様に負けず、遊びまくって更に良いモノ、良い接客を目指してまいります!!

さてさて、山好きな方は既にGWでテント泊されたという方も多いと思いますが、登山やキャンプ、バイクツーリングなど色々なアクティビティで使えるテントが欲しい!
という欲張りなあなたにお勧めのやつが入ってきてますよ!

“MSR|ゾイック2P&3P”⇒

※写真は2P

簡単な設営、快適な空間!

インナー釣り下げ式のダブルウォール構造を採用。
メインポール2本は中心がスイベルで連結され、ポールの組み上げからテントの立ち上げまでが非常にスムーズに行えます。

更にもう一本短いポールを交差させることで、エントリー側の壁を立ち上げ、且つヘッドクリアランスを確保しています。

前室は両側に完備。
奥行は76cmと、十分すぎる空間です。

フルオープンにも出来ますよ。

インナーのマイクロメッシュは通気性がよく、快適な夜を過ごせる上、結露防止にも一役買っています。

 

 

劣化の少ない新コーティング技術採用!

テントに付き物なのが生地の劣化。
数年ぶりに使おうと思ったら、フライのシーム処理が剥離していたなんて話もよく聞きますし、私も大事なテントをそれで失っています。苦笑
現在はダウンシュラフと同じく、風通しのいいメッシュサック等に入れ、高温多湿を避けて保管する事で、かなり予防出来ていると自負しておりますが、それでも素材自体に限界はあるもの。

そこで新たに採用された“エクストリームシールドシステム”というコーティング技術。

何と従来の3倍の耐久性を持ち、高温多湿に非常に強いとの事。
単純に今まで3年でダメになっていたとすれば、こちらの生地なら9年もコーティングが持続するのです!
明確な年数までは謳っていませんが、従来品の3倍というだけで十分長持ちするという事がわかりますね!
だからと言って、ずっと劣悪な環境に放置していいという訳ではありません!
大切な道具はメンテナンスも一つの楽しみと思いましょう!

また優れた縫製技術で、これまた劣化の原因となりやすいシームテープ処理をせずとも防水性能を維持しているという点も、今までの概念を覆しており、すごい技術という事が分かりますね!

この夏色々な遊びを計画しているあなたに是非お勧めしたいテントです!
しばらく店内に設営しておりますので、是非ご覧ください!

小泉がお送りしました!

カテゴリー: BLOG