私事なのですが、先日、友人の結婚式へ参列させて頂きました。幸せな門出に参加させて頂けるというのは、本当に嬉しい限り。前日にあれやこれやと準備をしていてフと気づいたのです。「スーツに合わせるカバンを一つも持っていない…。」 よくよく考えてみれば年間でスーツを着るは多くて2~3回程度。仕事柄、山用の服を着ている事の方がダントツで多い。自身の部屋を探してみても出てくるのはガッツリ山用のパックかトレランパックのみ。焦りながらもMAKA1のBlackを持っていたので今回はMAKAを使用。

しかし、大人の男としてスーツ用のカバンを一つも持っていないのは如何なものか。次、いつスーツの出番があるかは分からないので普段から使えてスーツシーンでも使えるアイテムは無いものか…。そこで目に止まったのがARC’TERYXのGranvilleシリーズという訳です。

 

ARC’TERYX Granville 16 Zip Backpack

スリムでシンプルな見た目をしているバックパック。シンプルということは、様々な服に合わせやすいということ。そして、Granvilleシリーズは都会で使用することを念頭にデザインされているので、それに順じた機能性も備えらえれています。

 

 

 

 

外付け小型ポケットにはサングラス、財布、携帯電話、鍵などを収納可能。メインコンパートメントにはパッド入りスリーブが設けられており、15インチのパソコンを収納出来ます。ストレッチメッシュのジッパーポケットには充電器やケーブルも纏めて入れておきましょう。サイドポケットはメインコンパートメントとも繋がっており、サッと取り出したい手帳類を収納しておくのに便利なサイズ。

 

 

 

 


 

ARC’TERYX Granville 20 Backpack

数年前にメッセンジャーバックとして「Granville」の名を冠して登場した代名詞的モデル。細かな部分がアップデートされており、さらに使いやすくなっています。

 

 

 

 

片手リリース用カスタムバックルでメインコンパートメントへのアクセスがとても簡単になりました。バックルを開けてからもメインジッパーがあるので安全面も安心。内側に備え付けられたストラップ掴めばカバンを地面に置かず中の物の出し入れが行えます。Granville 16同様にパソコン収納用のパッド入りスリーブも装備。

 

 


 

ARC’TERYX Granville 18 Tote

トートバッグと言えばL.L.Beanが思い浮かびます。大きな氷を入れて運んだりする為に作られたアイテム。コットンキャンパス生地ではカジュアルになり過ぎてしまいますが、アークテリクスが本気で作ると、こんなに洗練されたデザインになるのです。

 

 

 

 

今季のモデルは取り外しが可能な肩掛けショルダーストラップが付きました。さらにボトム部分の耐久性も強化されており、「万能、丈夫、軽量」の三拍子が揃ったアイテムに仕上がっています。

 

 

 

 

今回ご紹介させて頂きましたGranvilleシリーズは全てのアイテムにシーム処理が施されています。優れた防水性を誇る、アークテリクス AC²(高性能コンポジット構造)技術システムが採用されているので悪天でも気にする事はありません。満員電車の中で隣の人の濡れた傘がカバンに当たっていても嫌な顔をしなくて済むのです。

ご普段、スーツを着てお仕事をされている方から私の様に、たまにしかスーツを着ない方まで。都会で頑張るアウトドア派の方に是非使って頂きたいアイテムです。

本日のブログは、歳を重ねる度に涙腺が緩くなってきている松下がお届けしました。