今シーズンは本当に雪が長持ちしませんね~。悲

しかしあと何度かは鈴鹿の山でもチャンスがあるかと思うので、それに備えて、こちらのカンジキをご検討頂いてはどうでしょうか!

“スーパーカンジキSTD”⇒

当店では冬の定番として、毎年人気のカンジキ。
自衛隊御用達らしく、軽くて頑丈、スパイク付きなので、アイゼンとワカンを組み合わせたような一石二鳥なアイテムです。

デッキはそれほど長さはないものの、浮力を受けやすいようにフレームに幅を持たせています。

決してカンジキ自体の幅が広い訳ではなく、かかと側はテーパードしているので、歩きやすく、カンジキ同士の干渉を起こしにくい形です。

よく“割れないですか?”とお問い合わせをいただきますが、夏道が露になったような道で使ってしまうとデッキに過度な負荷がかかり破損の可能性はありますが、しっかり用途通りにご使用いただければ、よほどの事がない限り割れるという事はありません。
試しにかかと側を押してみましたが、なんの問題もなく、スムーズにしなります。

ある程度までしなると、ブーツがフレームに当たってストップするかと思います。

外寸最大29cmまでの長さのブーツに対応しますが、靴のサイズにすると26.5~27cmくらいになるので必ずお手持ちのブーツを確認してから購入される事をお勧めしております。
参考までにこちらのブーツでEU42(26.7cm)です。

取り付けもストラップ2本で留めるだけですので非常に簡単です。
2シーズンほど前より、ストラップが改良され、より固定力が高まっていますよ!

重量は片足で実測たった329g!

一般的なスノーシューが2kg前後、ワカンでも500g前後なので、それらと比較すると圧倒的に軽いのがお分かりいただけます!

続いてこちら!
“mont-bell|ライトアルパインスノーポン|¥12,800+TAX”

一見すると普通のワカンですが、結構便利で考えられたヤツなんです。

アルミ合金のフレームに炭素鋼のクリートが3か所付き、雪に接するストラップはコーティングされ、雪が付きにくい仕様。

アイゼンとの併用はもちろんできるのですが(※)、その場合、一般的な物はワカンを裏返さないと使えないのですが、こちらはそのままでOK!
※対応できないものもあるので、店頭にアイゼンをお持ちいただけましたらフィッティング致します!

またスノーシューのようにヒールフリー構造なので、登り下りでワカンのフレームが妨げになり蹴り込みがしにくいという事が少なくなります。

従って通常のワカンに比べ非常に高い歩行性能を発揮してくれるのです!

また着脱も感動的な楽さ!
踵のストラップはあらかじめ長さを設定しておき、甲側の2本はフックで留めてテンションをかけるだけというとてもシンプルな作りなので、一般的なワカンよりもクイックに着脱可能です!


この楽さは着脱に迷うシーンでアドバンテージになる事間違いなしです!

重量は一般的なワカンと同等クラス。
価格は少々高めですが、充実の機能はきっと満足していただけると思います!

いづれのアイテムも浮力こそスノーシューには及びませんが、雪の少ない今シーズンや、低山などでは登場シーンもたくさん見込めると思います!
是非こちらのカンジキで軽快に雪山を楽しみましょう!

小泉がお送りしました!

カテゴリー: BLOG