やっと真冬並みの寒波が到来で冬らしくなってきましたね!
鈴鹿の山々もうっすら白くなり、いよいよ地元でも雪遊びが出来そうになってきました!

さてさて、先日まで連載していた軽量クランポンシリーズですが、どちらかというとトレランシューズやミッドカットブーツ向けの軽アイゼンをご紹介していましたが、今回は番外編として、新登場ではないですが今まで紹介出来ていなかったマウンテンブーツ向けの軽量アイゼンをご紹介します!

“PETZL|レオパード FL”⇒

アルミ製のオレンジの刃が目を引きますが、一般的なアイゼンと違い、前後の刃を繋ぐセンターバーが無い代わりに白い紐で繋がっているのがわかります。
紐の正体はダイニーマ。
水を含まず強靭で軽量な為、センターバーの代わりとして採用されています!

動画の様に道具要らずでサイズ調整が出来、ブーツの形状により、結び方を変えてフィットさせる事が可能!


※こちらのブーツは踵にコバが付いたモデルです。

10本爪であらゆる軽量素材を使い、アンチプレートはオプションとすることで、片側で195gという軽さを実現!
チェーンアイゼンに引けを取らない軽さです!

非常にコンパクトにもなる為、ザックに仕舞う場所にも困りません。
ファスト&ライトスタイルの山行や低山、残雪期など、使用シーンを選べばかなり強い味方ですね!

軽さも欲しいけど登攀性能も欲しいという方はこちらをどうぞ!
“PETZL|イルビス ハイブリッド”⇒

先ほどのレオパードと爪の数は同じ10本ですが、コバ付きのブーツに対応。
フロントはスチール刃を採用し、より鋭く長くなっている為、つま先に力が入れやすくなり、キックステップなど登攀性能を強化しています。

フロントのバーを変えることで、セミオートマチックとしても使えます。

※画像はイメージです。

こちらのモデルはアンチプレート付き。

※画像はイメージです。

それでも重量はわずか270g(オートマチックの場合)。

コンパクト性は殆ど変わらないので、よりテクニカルでスピーディな登攀スタイルの方、BCのスキーブーツなんかにもお勧めです!
冬装備の軽量化、どんどん進めましょう!

小泉がお送りしました!

カテゴリー: BLOG