豪雨・猛暑、そして、この週末を狙うかのように台風がきています。自然の中で生きるから仕方がない事だけど、せめても被害が大きくならない事と、現在被災している地域に、これ以上災害が重ならない事を祈るばかり。

皆様、気象状況を随時チェックしながら、どうかご安全に週末をお過ごし下さい。


穿き方色々!
DEEPER’S WEARのFAST PASS CARGO SHORTS(

久々にDEEPER’S WEARのアイテムのご紹介ですかね。と、言うのも、DEEPER’S WEARは、日常生活(LIFE)で服求められる機能(SPEC)を追求した日常着(WEAR)、「LIFE-SPEC WEAR」をコンセプトにしたブランドの為、どちらかというと、新作をシーズン毎にバンバン作るというよりかは、ライフスペックなアイテムを定番的に作り続けるブランド。

だからこそ、この春夏の新作ですよ!っていうよりかは、新しく「LIFE-SPEC WEAR」として仲間入りしいました!的な感じの商品リリースの為、良いモノが出来てこれば、世に登場してくるといった感じのサイクル(スタンス)。

そして、この猛暑を迎えた2018年の夏に、満を持して登場してきた「FAST PASS CARGO SHORTS」(


コットンに見えてポリエステル100%
だからこそ早く乾く!

DEEPER’S WEARがつくるFAST PASSというシリーズは、コットンライクな風合いをもちながら、実はポリエステル100%。

そして、今の夏に登場したFAST PASS CARGO SHORTSは、ヘリンボーンという織り方で、よりコットンアイテムの風合いを出しながら、少しミリタリー感の出た新しいアイテム。


イージーに穿けるから暑い夏に良いんです!

この手のコットンショーツの場合、ウエスト部分をベルトで調整する仕様になっているモノもあり、ショートパンツを穿いているのに、結局ベルトの分暑く感じる事があったり、ベルトがある事で動きにくかったりする事ってありますよね。

FAST PASS CARGO SHORTSは、ウエスト部分は一応ベルトループは付いているものの、ゴムと紐でウストを調整する事が可能な為、非常にイージーに穿いて頂けます。

ロングパンツなら、ベルト仕様だけのウエストの方が、穿くシーンによってはカッコイイ事もありますが、個人的にはショートパンツであれば絶対にイージに穿ける方が良いのではと思っています。


気持ちの良いストレッチ!

ポリエステル100%で吸汗速乾性があり、程よく横方向にストレッチのする生地は、本当に穿くシーンを選ばず、ブランドの掲げるライフスペックの枠を超えて、アウトドアシーンでも大活躍してくれます。


シーンや好みに合わせて穿き方を変えてみよう!

ショートパンツを選ぶ際に重要になってくるのが、パンツの丈感だと思います。

ちなみに、めちゃくちゃどうでも良い話しですが、僕がお店で接客させて頂きながら感じている事は、男性は比較的に膝上の短め丈はOKという方が多い一方で、その膝上の短め丈は女性受けが少し良くないという事。(笑)

これは、あくまで僕個人が感じた感覚のお話しですので、全ての方に当てはまる訳ではありませんが、なんとなくそんな傾向が見受けられます。

だったらなおさら、丈感を調整出来るのって大事なのではと思います。それは、人から見られるから、どうこうって問題もあるかもしれませんが、それよりも、長く服と付き合う上で、シルエット等の好みが変わったから、そのパンツやショーツを穿かなくなるのは勿体ない話しですよね。

FAST PASS CARGO SHORTSは、裾から大容量のカーゴポケットの底部分まで、比較手に長さがあるので、裾を折り返して穿く事で、短めのショートパンツとしても穿いて頂けます。


サイズは是非、悩んでみてください!(笑)

こんな事を書くと、本当に悩まれる方が増えそうですが・・・。

僕の個人的な感覚で言えば、patagoniaのバギーズショーツのような、少しワイド気味のショートパンツが好みって事もあり、FAST PASS CARGO SHORTSは1~2サイズアップをオススメしています。


(179cm / 63kg / size:6(38インチ))
※ちなみに、バギーズはMサイズを穿いています。

僕は、通常パンツは30~32インチを穿く事が多いのですが、上の写真ではサイズ6(38インチ相当)を穿いています!

ウエストに関しては、元々ゴムも入っている為、紐を軽く絞めるだけで十分!それよりも、サイズアップして裾をロールアップした方のが、ショーツのシルエットが丸みを帯びて、めちゃくちゃ好みのシルエットになったので、ワイドシルエットのショーツがお好みの方は、是非、1~2サイズアップしてお選びする事をオススメします。


参考までにサイズを穿き比べてみました。


(左:サイズ5(34インチ) / 右:サイズ6(36インチ))

少し穿き方や撮影の関係で、参考画像になっていないかもしれませんが、注目して頂きた箇所としては、丈感と股間周りの生地の余り方ですかね。

もっと、すっきりとしたシルエットで穿かれたい方は、通常のパンツと同じサイズをお選び頂ければ、細めの綺麗なシルエットで穿いて頂けます。(ストレッチ性が高い生地の為、通常サイズでも非常に動きやすいパンツとなっています。)

裾のロールアップをしないと、こんな感じで穿く事も出来ます。

(左:サイズ5(34インチ) / 右:サイズ6(36インチ))



(179cm / 63kg / size:6(38インチ))
※ロールアップした短めのショーツとサンダルって、なんとなく夏らしく感じるのは僕だけ??

お好みによって裾を折り返したりしてパンツの見た目を楽しむ!勿論、そこにはライフスペック ウェアーと言うキーワードで作られたアイテムがある事で、着用シーンの幅も広がる!そんな、本当にオススメのアイテムとなっています。

フィールドで荷物が散らかる方にオススメ⇒
投稿者:飯田