本日、軽量ダブルウォールテントの理想形がヘリテイジより発表となりました!

“HERITAGE/HI-REVO(ハイレヴォ)”

ドーム型ダブルウォールで本体重量1kg未満!!

既にお馴染みの軽量ドームツェルト、“クロスオーバードーム”(⇒)はシングルウォールがゆえおよそ700gという軽さを実現しましたが、3シーズンテントの王道である、ダブルウォールテントともなると、生地が2重になりその分重くなることから中々1kgを切る軽さを作るのは困難でした。
しかし今回、クロスオーバードームと全く同じポール、そしてそれに近い生地を使用することで、本体重量960gという軽さを実現しています!
(写真はスタッフサック実測14g、ペグ8本実測47g含む)

収納サイズはナルゲン1Lより少し太く長さは1.5倍くらい。
もちろんもう少し圧縮も可能です。

インナーテントの画。
これだけみたら殆どクロスオーバードームですね。笑

ポールスリーブはクロスオーバードームなどでもお馴染みの“ユナイテッドポールスリーブシステム”を採用し、片側2カ所からポールを入れてテンションをかけるだけで素早くインナーテントを立てられます。

黄緑色の部分は撥水加工された15Dナイロンリップストップ。
ボトムにはクロスオーバードームより厚くPUコーティングされた20Dポリエステルリップストップ(耐水圧2,000mm)を採用。
専用フットプリントが無いだけに、少しでも耐久性の高い素材を配してくれているのは好感が持てますね。

フライはPUコートの15Dナイロンリップストップ(耐水圧2,000mm)。シームシーリング済み。
クロスオーバードームの倍の耐水圧はこちらも安心感へとつながります。

クロスオーバードームの良い部分を採用し、軽さを出しつつも、“山岳テント”らしいプロテクションを備えている事が判りますね。

 

シングルウォールには無いダブルウォールの快適さ!

とにかく軽さが出せるのはシングルウォールテントのメリットですが、“結露しやすい”、“雨天時の出入りでの浸水”、“雨天時に物を外に置けない”などデメリットも少なからずあり、なかなか軽量化に踏み出せない方もいらっしゃるかと思います。

そういう意味では、ダブルウォールテントの快適性もありつつ、荷物(テント)の軽量化も出来てしまう“ハイレヴォ”は、正に“新しい切り口での軽量化”を提案するテントなのではないでしょうか!

換気口は入り口縦に2カ所、背面下部に1か所の計3か所あるため効果的に換気可能。

上部はフライの開く位置を合わせられるので、かなり効果的に換気できます。


入り口の2カ所は塞げませんが、背面側は吹き流しを絞って閉められるので、気温が下がる夜でも暖かい空気を逃がしにくく出来ます。

上部には細引きや同社のハンモックネットが付けられるストラップが付いています。
これがあると荷物を引っ掛けたり、濡れたものを干したりするのに便利なんですよね。

天高は実測でおよそ101cm。
奥行きが約45cmある前室と合わせれば、煮炊きもなどの作業も快適でしょう。

間口方向は長さ203cm。奥行きは93cm。
172cmの私が寝て丁度のサイズですが、場合によってはシュラフがインナーにあたるかもしれません。


足元にはこれくらいの余裕があるので、夏季のアルプスなどであれば、頑張れば互い違いに2人寝る事も出来そうです。

いや~これは本当に良い!
私のテントはシングルウォールで1kgオーバーなので(笑)、このテント欲しくてたまりません!!

ちなみに当店の発売は6月21日(木)を予定しています!
気になる方は是非お気軽にお問い合わせください!

小泉がお送りしました!

カテゴリー: BLOG