今日は各地から快晴の便りが届いています。
週末は中々天候に恵まれていませんでしたが、ここ最近は徐々に晴れる確率が上がっているように感じます。
明日もお休みの方が殆どかと思いますので、是非鈴鹿の山へお越しの際は当店へお立ち寄りください。

さて、アルプスでは紅葉のハイシーズンで、気温も一気に低くなってくる時期。
そんな所に走りに行く時に活躍するミトンがOMMとSALOMONより届いています!
先ずはコチラ。

“OMM/Kamleika Overmitt”⇒Comming soon…

新しくなったKamleika 4Way stretch Fabric

ストレッチ性能が格段に向上したKamleika 4Way stretch Fabricに37.5 Technology(※)を加え、より完璧となった素材で出来た完全防水ミトン。

※メーカー説明文引用
————————————————————————
37.5 Technology
熱の力を使って素材の透湿性能や乾燥性能を高める最新のテクノロジーである37.5® Technologyを新たに採用。37.5® Technologyは人間が最高のパフォーマンスを発揮できる37.5℃という深部体温を保つように、繊維に埋め込んだ活性微粒子が人間の体温(熱)によって反応してはたらき、シェル内に熱がこもった状態の時は積極的に水蒸気を引き寄せて外部への蒸発を促します。また体温が上手く上がらない状態の時は蓄熱性で外部に熱が逃げないように働く性質があります。
これをカムレイカファブリックに採用することで、より厳しい環境下でのパフォーマンスの向上、また低体温症のリスクに対する性能向上を実現しました。

————————————————————————

裏面を見ると当然シーム処理がされているのですが、ありがちなシームによる生地のこわばりは全く無く本当にしなやかで薄い生地で出来ているのが判ります。

因みに親指の先だけはシームではなく圧着処理になっています。

また四次元ストレッチのより伸びる方向を身体の可動する方向と合わせる事で、更にストレスの無い着け心地に。

手首の内側にゴムを入れて少し絞ってあるだけなので、着脱は非常に簡単。

カフは長めで、レインウェアの袖口から雨が侵入してくることもありません。

因みに自分の手は、手囲い20cm、手長19.5cmで、サイズはMが良さそうです。

重量は左右合わせて僅か27g(Mサイズ)!

重量増による影響は殆ど無いと言ってもいいと思います!
因みに寝る時には足にはめて保温力アップにも使えますよ!!

続いてコチラ。

“SALOMON/BONATTI WP MITTEN”⇒

こちらも4Wayストレッチ生地に37.5テクノロジーが入った防水透湿素材を採用。

裏面にも1枚ライニングを施す事でより肌触りも優しく、生地にも安心感のあるコシを感じます。

 

便利な開口部

手のひら中央には開口部があり、4本指を覆う部分を外すことが可能。

ジッパーの開閉、カメラの操作など細かい作業をする時や、オーバーヒートしてきた時のベンチレーションとしても機能します。

カフは伸縮するリブ仕上げですっきり短めですので、時計が見やすいメリットも。
生地がしっかりしており単品使いも全く問題ありません。

重量はこちらも十分軽いと言える41g(左右セット/XSサイズ)。

因みに私の手でXS-Sはピッタリ。
ライニングも考えるならM-Lといった感じです。

雨や稜線上など過酷な環境で手から体温低下を食い止める最も有効な手段であると同時に、中のライナーの厚みを調整することで幅広い温度帯に対応することが出来るのもミトンの魅力。

これからの時期のアルパインランニング、来月のOMMなどで活躍してくれるのは間違いありませんよ!!

小泉がお送りしました!

© 1995 TAMAYA co.,ltd.