エントリー向けテントもここまで来た!NEMO/アトム2P

店内がテントで溢れています。苦笑

今日も気になるテントを設営してみました!
“NEMO/アトム2P”⇒

タイトルにはエントリー向けと書きましたが、ハイエンドなテントほど軽く無くてよく、もう少し生地などがしっかりした安心感のあるものが欲しいという方にお勧めしたい一張り。

同ブランドのハイエンドモデル、タニ(⇒)はフライとフロアの生地厚がそれぞれ15D、20DのPUナイロンに対し、アトム2Pは20D Sil/PUナイロン、75D PUポリエステルを使用。
コシがあり安心できる素材です。

インナーテントはタニを彷彿とさせるシルエットですが、天頂部のみポールスリーブ式になっており、テント内の頭上空間を効率的に広く取る工夫がされております。


メッシュパネルの配置はタニ同様、エントリー側は下部に付き、逆側は上部に設けることで、効率よく換気させることが可能です。

フロアの寸法はコチラ。

タニ2Pより長手方向が7cmほど短いですが、頭上空間が広い分、2人入っても圧迫感は殆どありませんでした。

入り口両サイドに前室が出来、エントリーが中央から出来るのも意外とストレスが無くお勧めです。

気になる重量は1.6kg。
軽量かと言われればそこまでではありませんが、収納サイズが意外と小さいのには驚きました。
(NALGENE 1Lボトルと比較)

プライスは驚きの¥37,000+税!!
NEMOのテント作りのノウハウが注ぎ込まれたコチラのモデル。
最初の1張りにオススメですよ!

早く花見がしたい小泉がお送りしました!

Scroll to top