ARC’TERYXのランニグ系 トレーニングウェアー

先日のmoderate LIVE STOREでも冒頭に少しお話しさせて頂きましたが、コロナ禍の中、皆が大変な状況であるにも関わらず、地元の飲食店へTake Outしに行ったり、お店の様子次第ではそこでご飯を食べたり、それらの頻度を増やしたり。はたまた、知り合いの方が、四日市市内の飲食店でお弁当のテイクアウトやデリバリーOKの素敵なお店を紹介するインスタアカウント「 bentogo_ → 」を立ち上げたりと、色々なカタチで皆が助け合う様子等を見ていると、物凄く心がホッコリするし、改めて、お買い物をする(お金を使う)という事の意味の1つとして、お店や企業に対する投票なのだと強く感じる事が非常に多い。

僕たちも、店頭でお客様から温かいお言葉を頂いたり、通販の備考欄に元気付けられるようなコメントを頂く機会も増え、改めて、多くの方に支えて頂いている事を実感。

緊急事態宣言は地域により一時解除になっているが、コロナが収束したわけではない。具体的な対策案が出てはいないものの、少しずつこの生活の中で、前に向いて歩く方法が見つかって来ているのも事実。

いつか、コロナが収束した時に、これまでとは違う新しい世界がスタートする。

その新しい世界では、個人の消費が、これまでのように利益だけを求めるような企業の食い物にならないように、このコロナ禍の中でやってきたように、個人の消費を持って自分たちが意思表示出来る大切な投票権のヒトツとして広まれば良いと思う。

エコや環境問題やダイエットやトレーニング等もそうだが、このよう「ヒトツの考え」の話しをすると、過度に考えてガンバリすぎる人や、逆に自粛警官?みたいな人が出てきたりするが、やはりバランスは大事。

「自分の意思表示の為の消費」と「自分が生きる為に必要な消費」それらのバランスをしっかり自分の中でとる事が大切なんだと思う。そして、自分の労働で得たモノは次に生かせる投票権がある大切なモノであるという意識や考え方が広まり、その空気感が流れる新しい世界になれるんじゃないかと期待をしている。

 

 


ARC’TERYXのランニグ系 トレーニングウェアー

わりと一般的には、ランニグや日頃のトレーニングの時に、スポーツブランドのウェアーかファストファッション系のモノを身に纏う方も多いと思うが、もし、アウトドア遊びが好きならば、やっぱりそこもアウトドアウェアーにする方のがメリットがあると思っている。

一番のメリットで言えば、運動した時にそのウェア―がどのような効果や影響をもたらせてくれるかが、より分かるという点。

日常的にトレーニングする環境は山に比べれば安全度が非常に高く、その中でウェアーをテスト出来る事は何よりもメリットでしかない。逆に少し大袈裟な表現をするのであれば、一度も着た事のないウェアーをいきなり山で使う方のがリスクが高いという事。

それらの意味だけを考えても、日頃のトレーニングシーンから、場合によっては日常的にアウトドアウェアーを使用する事は、アウトドア遊びが好きな人にとってはメリットが非常に多いと言うこと。

あとは、1つのアイテムを多用途に使うという事は”お得”という点もある!

今回のブログでは、このような観点から、ARC’TERYXが発売しているトレイラニング系アイテムを、日頃のトレーニングでも使ってみませんかというご提案となっています。

 


《 STYLE 01 》

機能的なランニグショーツにチカラの抜けたコットンライクなトップスを合わせたスタイル


(179cm / 67kg / size:M)

《使用アイテム》

ARC’TERYX / Cormac Logo SS(→

他のポリエステル100%にありがちな光沢感が非常に少なく、少し霜降りがかった生地の感じと相まってコットンライクな風合いをみせる Cormac  (コーマック)。紫外線にも強くUPF50+の生地は、これから日差しが強くなる時に非常にアリガタイ!

 

《使用アイテム》

ARC’TERYX / Motus Short(→

股下丈が6インチという長すぎず短すぎない絶妙な丈感。それでも、いつも5インチのショーツを穿きなれている人からすると少し長く感じるかもしれないが、少し深めに入ったスリットのお陰で6インチとは思えない足上げ感の良さがある。

そして、一番特記すべき点は、インナーショーツがブリーフタイプではなく、ボクサーパンツ型(スパッツ型)であるという所ではないだろうか。

これにより、ありとあらゆるシーンで足を上げたとしても、必要以上に足が出ることはなく、また、大股を広げても股間を見せてしまうような心配をする必要がない(笑)。また、ブリーフタイプにありがちな股ズレも軽減出来るとある。ブリーフタイプのインナーショーツに慣れた方は、最初は少し違和感があるかもしれないが、この新しい感覚も個人的には癖になる良い出来だと思う。

 


《STYLE 02》

速乾性に優れたトップスに多用途に使えるハーフパンツ丈のショーツを合わせたスタイル


(179cm / 67kg / size:M)

《使用アイテム》

ARC’TERYX / Motus Crew SS(→

Motus Crew はこれまでも、何度かmoderateのBLOGで商品紹介をさせて頂いており既にご存知の方も多いかもしれませんが・・・。

簡単にご説明すると、ポリエステル100%の生地を使用しながらも、横糸に通常のポリエステル糸と超撥水を掛けた糸を交互に使う事で、水分を生地が吸水した時に、横方向に拡散するよに作られている。

これにより、体の周りを流れる空気を利用して乾きが早くなるのと、吸い上げた水分が重力によりウェアーの裾方向に移動して行くのを防ぎ、可能な限り吸い上げた位置で乾かすように仕組みになっている。

ARC’TERYXは、この生地を使用してphaseというベースレイヤーを作っていたが、今はそのベースレイヤーは少しお休み。よって、このMotus Crewのみがその仕組を使用した唯一のアイテム。本当に、乾きが早いので汗っかきの人にはオススメ!

 

《使用アイテム》

ARC’TERYX / Aptin Short(→

股下約10インチと、moderateでは異色をはなつ丈感のラニング系ショートパンツ。僕たちが5インチを見慣れているけど、一般的にはやはしりその5インチ丈感が少し短く抵抗があるという方もいる。

また最近では、遊びやトレーニングの方法やスタイルがクロスオーバーする方も多く、バイク(自転車)に乗ったり、ジムへ行って身体づくりをされる方など様々。そんな時に、少し丈が長くてもよいのかなと、今年からmoderateでも取り扱いをスタート。

アークらしい圧着使用の裾や、使い勝手のよ良いポケット等、本当に色々なシーンで穿けるショートパンツではないでしょうか!


(写真では、iphone6を入れていますが、ケース次第ではiphonXも入りました。ただし、入り口が少し狭いので、写真のように斜めに入れてい頂くのがポイントかと思います)

 


《STYLE 03》

日曜日的な「ゆるさ」がありますあが、しっかり山でも使えるスタイル


(179cm / 67kg / size:M)

 

《使用アイテム》

ARC’TERYX / Remige Word Shirt(→

上で紹介したCormac Logo SSの霜降り感が苦手な方や、生地の縫い合わせがベースレイヤー系に多く見られるフラットロックが、どうしてもスポーティーに見えるから嫌だという方は、こちらのRemige Word Shirtがオススメ。

一般的なTシャツのような縫い合わせ方をしているので、ベースレイヤー(スポーティー)っぽい感じが出ないのが特徴のヒトツ。

Cormac Logo SS同様に紫外線にも強く、また、吸汗速乾も高い為、これからの時期のトレーニングから着替えを減らしたいシーンなんかでもお使い頂けると思います。

パンツは、ARC’TERYX / Aptin Short(→)を使用しています。


 

少し外での運動もしやすい環境になってきていますので、是非、新しいウェア―でテンションを上げて、運動を楽しんでみては如何でしょうか!

 

投稿者:飯田

Scroll to top