向こう1週間は暖かい花見日和が続きそうですね!
久しぶりに夜桜見物キャンプにでも行きたい気分です!

さてさて、今シーズンもNEMOがワクワクするテントを発表しましたよ!
“NEMO/ホーネット 2P”⇒

最小重量910gの半自立式テント!

NEMOの軽量テントと言えばブレイズが記憶に新しい所です。

画像:ブレイズ2P(インナーテント) 
実際、両モデルの2Pの最小重量はいずれも910gとなっており、違いは無さそうに思います。
しかしブレイズはペグダウンしないと自立しない“非自立式”に対し、ホーネットはハブによりY字になったポールが3点で自立。空間を作る為にペグダウンが必要な“半自立式”のシステムを採用しています。


これにより設営のイメージがし易く、少なからず非自立式より設営時間の短縮を図ることが出来、設営場所の微調整なども比較的楽に行えるなどの恩恵が受けられます。
また上の写真を見て気が付きましたが、商品画像より現物の方がインナーテントを吊り下げるクリップの数が2個少ないようです。
これも時短、軽量化の一つでしょう。悪しからずご了承下さい。

ブレイズはエントリーのドアが全てメッシュでしたが、ホーネットはプライバシーや風の影響なども考慮し、半分ほどの高さまで生地で構成されています。

頭側の生地が高いのもそういった理由かと思います。

フライを付けると、こちらもブレイズを踏襲している大胆なカットが頭側に施されています。

因みに本体の生地は15D ナイロン/メッシュ、フライは10D Sil/PeU ナイロンと、軽量化の為非常に薄く強い素材を採用。

個人的にはNEMO独自の機構である、テント、ポール、フライ、フットプリントを接合する“Jake’s Foot Attachments”の直観的な判り易さや、カチッカチッとしっかりと接合する音が非常に安心感があり、細かい所ではありますが好感を持っています。

 

普段はソロ、でもOMMも意識されるユーザーにお勧め!

フロア面積は2.0㎡。
決して広いとは言えない空間ですので、男性ならソロテントとしても問題無いサイズ感かと思います。
一人用テントだとしても910gという重量は軽い部類に入ってくると思いますが、ホーネット 2Pはもちろん2人用!
ちゃんとスリーピングマットも2枚並びます。

エントリーも両サイドにありますし、前室も広々使えるので、決して2人での使用が窮屈かというと全くそんなことはありません。
『今年はOMMへの挑戦も考えている!』そんな方にもばっちりなスペックかと思います。


しばらくは店頭にて展示しておりますので、是非ご覧になってみて下さい!
軽量シェルターなどもご相談に乗りますよ!

小泉がお送りしました!

カテゴリー : BLOG