昨日は台風通過に伴い、早めに店を閉めさせていただきました。
大変ご迷惑をお掛け致しました。

現在通過中の地域の皆様はくれぐれもご注意ください。

 

さて、当店でもその利便性の高さから、すっかり定着した感のある“キルト”。

先日遂にあのブランドのキルトが入荷して来ました!
“As Tucas/Sestrals Quilt Poncho”⇒

この写真だけではただのブランケットにしか見えませんね。笑
でもこのブランケットがあらゆる用途に変化するんです。

 

あらゆる使い方が出来るキルト

左右の長辺側にはスナップボタンが備えられ、それらを逆側と留めていくことで筒状に。

そしてボトムのドローコードを引っ張ると、フードレスのシュラフに早変わり!


ボタンの開け具合でその時々の適切な保温力に調整出来るのもキルトの魅力です。
全部開放すれば脚も自由に動かせる掛け布団になるので、キャンプなどにも転用できますね。

そして驚くべきはこの機能!
動画撮影しましたので是非ご覧ください!!

どうですか!?この可変力!!
テントサイトではこのようにキルトを纏うことが出来るので、必ずしもインサレーションジャケットを持っていく必要が無くなるのです!!
それにより、物にもよりますが500g前後の軽量化を図れます!!
またジャケットではありえない丈の長さで、お尻から太ももまでを覆えるので、より温かさを感じられること請け合いです!
しかもこれ、胡坐をかいたら全身包まれるんです!

ここまで出来たら文句ないですね!笑

 

素材もしっかりしたものを使ってます!

中綿は軽くて水濡れにも強いCLIMASHIELD APEX133を使用。
対応温度は5℃なので、今時期のアルプス縦走からちょっとストイックな秋のOMMレースまで幅広いシーンで活用頂けます!!

シェル素材は12デニールのschoeller-ftcファブリックに撥水処理のecorepelを施したもの。
表面は撥水しつつ、夜間身体から放出される汗をしっかり外へ逃がしてくれます。

思ったほどシャカシャカした感じもなく、ずっと纏っていても気になるものではありませんでした。

重量は510g。
NANGAのLimit温度4℃のUDD BAG 280 DX(⇒)の重量が約550gですので、同等スペックのシュラフと比較しても遜色ない重量という事が判ります。

専用スタッフサックはざっくりしているので、コンプレッションサックに変えればもう少しコンパクトになりそうです。

ちょっとしたアイデアでここまで汎用性が広がる道具も珍しいのではないでしょうか。

これなら値段の高さにも納得です。
是非在庫のある今のうちに体感してみてください!

化繊キルトが一気に欲しくなった小泉がお送りしました!

© 1995 TAMAYA co.,ltd.