快適すぎるNEMOのシュラフ“リフ”の冬用が入荷しました。

先日の“カユ15”のご紹介からご好評いただいておりますNEMOのシュラフに、人気モデル“リフ”の冬用が入荷いたしました!

“NEMO|リフ15”→

中綿はカユ15と同じく800FP PFCフリーハイドロフォビックダウンを使用し、メンズモデルは540g、下限温度-9℃、ウィメンズモデルはメンズよりも多い825g、下限温度-16℃と女性に嬉しい設定となっております。

カユ15との最大の違いはシュラフのシルエット。
カユは一般的なマミー型シュラフの形をしているのに対し、リフ15は“スプーンシェイプ”を採用しています。

就寝時、約70%の方はサイドスリーパーなのに、従来のマミー型は姿勢に合っているとは言えません。
丸一日登山や、アウトドアで遊んでクタクタな体をしっかり休ませ、ストレスなく就寝するために生まれたのが、NEMOの“スプーンシェイプ”です。

リフに採用されているスプーンシェイプは“ウルトラライトスプーン”と言われ、携行性を出しながらも快適さを損なわない最高峰モデル。
肘と膝を適度に曲げたり伸ばしたり出来、一晩で何十回とする寝返りを妨げず、常にリラックスした状態で寝られます。

その他、冷え具合に応じて出し入れする事で、首周りの温度を調整可能な“ブランケットフォールド”を装備。


他カユと同じく、NEMOシュラフのトレードマークとも言える胸元の排熱機構、“アジャスタブルサーモギル”、

綿寄りを防ぎ、メッシュの仕切りで体幹部で温まった空気を効率よく足元まで送る縦型バッフル構造。

頭と足元の濃い部分は防水透湿素材“OSMO”を採用し擦れや濡れにも強い作り。

肩口の小物ポケット、

下からも排熱可能なWジッパー。

冷気の侵入を抑えるドラフトチューブなどなど、NEMOの拘りの詰まった1本となっています。

因みにジッパーはメンズ、ウィメンズ反対側に付いており、接続する事も可能です。

是非カップル、ご夫婦でご検討してみてはいかがでしょうか!

小泉がお送りしました!

Scroll to top