新年明けましておめでとうございます!
今年もmoderateをどうぞ、宜しくお願い致します!

さて、本日初売りから沢山のお客様にお越しいただきました。
誠にありがとうございます。
普段なかなか来ることの難しい遠方のお客様ともお話し出来、大変嬉しく思います!
この正月休み中、三重近郊にお越しのお客様がいらっしゃいましたら、是非遊びに来てくださいね!

さて、自分はと言いますと年末年始はクライミングに明け暮れる日々でした!

狙っているボルダー課題を今シーズンのSCARPAの新作クライミングシューズ、“ドラゴ”(⇒)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でトライしたところ、鬼門だった序盤のトゥーフックがバチ効きし、もう少しで完登!?という所まで持っていけましたが、残念ながらその日の終盤にトライを始めた為、身体のヨレを払拭出来ず、次回に持ち越しとなりました!泣
それでもトゥーフック性能の良さは伝わるであろうムービーは撮れましたので、ご覧ください!
(最後お聞き苦しいですがご勘弁を。苦笑)

因みにですが、この更に奥からスタートしてリンクする課題“フルパワーブレイン(2/3段)”もあり、それをトライしていた方もドラゴでしたよ~!注目度高し!です!

基本的には同社のフューリアがベースに、ベルクロが1本になり、トゥーラバーが深く広く取られた形。
自分の足は幅狭甲低のエジプト型で親指が長い形をしており、最初に足入れしたときはターンインが少々効いているためか、中指が当たり少し痛かったのですが、2、3回履いただけで直ぐに馴染みました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
因みに実寸26.5cmでジャストは40でしたが、ルートクライミングでの使用や1日中履いている事も考慮し、ハーフサイズ大きい40.5をチョイスしています。

最近ヘビロテだったスポルティバのオタキも足入れ抜群でしたが、こちらもハイエンドシューズとは思えない足入れ、馴染みの良さで正直驚いています。
また個人的にはシンセティックレザーにあまり良いイメージが無かったのですが、肌当たりが非常に良く、履くときのストレスがありません。

また、臭いの出やすい足裏部分には防臭効果のある本革(白い部分)を使うなどのこだわりがみられます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
例えとしては賛否両論あるかと思いますが、スポルティバ/パイソンの進化形といった印象です。
因みに自分はパイソンの38.5を履いています。

ヒールはSCARPAでも評価の高いインスティンクトVS(⇒)がベースとなっており、個人的にはパイソンより優れている印象を受けます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日は豊田の花崗岩を登ってきましたが、足裏感覚が良くスメアリングも抜群でした!
但しソールはフリクションに優れたXSグリップ2のため、ジムトレから外岩まで全てこれ1足だと半シーズンから1シーズンでリソールという事になりそうです。
それだけどんな場面でも履きたくなるいいシューズという事なのですが。。。

パイソン使いのあなたに是非オススメの1足です!

またここ最近当店のサポートランナーやその周りの方々もクライミングをトレーニングの一環として取り入れられています。
寒くてついついだらけてしまう今時期は、空調の効いた快適なクライミングジムなどでいい汗かきましょう!

無性に酢だこが食べたい小泉がお送りしました!

カテゴリー : BLOG

© 1995 TAMAYA co.,ltd.