冷え性の松下です。冬になると足先、指先が冷えて冷えて悩ましい季節ですが寒さにまけずスノースポーツを楽しみたいと思います。
この季節になると多くのお客様からランニング時の手袋のご相談を受けます。

「ランニングの時に冷える指先を何とかしたい。でも暑くなりすぎるの困る。」

どなたも共通のお悩みをお持ちです。そして難しいのが、人によって寒さに対する耐性や冷えの感じ方が違うこと。全ての方に100%当てはまるグローブは中々無いんです。そこで、今回は4種類のランニングにお勧めなグローブを紹介させて頂きます!4種類のグローブに関して共通している事は、タッチパネル対応であることです。その他の細かい作り込みでそれぞれの個性が光っているので是非ご覧ください。

まず一つめは、暑がりな方向けのアイテム。
Black Diamond ライトウェイトグリッドグローブ
img_2095
ポーラテックのパワーグリッドを使用したこちらのグローブは、元々ライナーとして使用出来る薄手のアイテムです。防風素材等は一切使用されていません。

img_2098
裏地は細かいグリッド構造になっているので点で吸い上げた汗を表面へと拡散。グローブ内が蒸れて不快な思いをする心配はありません。

img_2109
手のひら、親指、人差し指、中指の途中まで滑り止め加工がされているので携帯を滑らせて落としてしまう心配も無く、トレランやハイクでストックを使う際にも握り易くなっています。風はスースーに通してしまいますが、身体が温まった後にも快適に着用し続けられるアイテム。

 

続いては、「暑くなり過ぎるのは嫌だけど風が通りすぎるのもちょっと…」という方にお勧め。
TERRA NOVA Windy Dry Lite
img_2116
手と指の甲側にGORE WINDSTOPPERが使用されたグローブです。汗をかきやすい手の平と指の横側にはメッシュ素材を使用することで汗が溜まるのを防いでくれます。走り出しは手を握って走り、温まってきたら手を開くことで空気をグローブ内に取り込める仕様。

img_2118
手首のカフ部分は甲側も手の平側もグルっとメッシュ地になっているので、太い手首周りの血管を冷やすことで手の温度の上がり過ぎを防ぐことができます。尚、手の平に滑り止め加工等は施されていません。

 

メッシュ地は通気性高そうでいいけど、もう少し冷え対策に重きを置きたい…という方にはコチラ
smartwool PhDHyFiウィンドトレーニンググローブ
img_2120

手と指の甲側が耐風性のある素材なのはTERRA NOVAのグローブと同じ仕様ですが、手首周りから手の平にかけての素材が適度に目の詰まった生地となっているため、空気を通し過ぎることなく絶妙な透湿性を発揮してくれます。

img_2122
手の平全体に滑りとめ加工が施されており、PhDシリーズならではのフィット性の高さで操作性は抜群に良いグローブです。

 

いやいや、冷え性だからとにかく手と指先の冷えは防ぎたい!!体が温まっても指先の温度は低いかもしれない…という方にはコチラ。
MONTANE VIA TRAIL GLOVE
img_2130
手首も含めて、手の甲側と指の側面までは耐風素材の仕様になっています。耐風素材にはソフトシェルが使われているので握り易さも他のグローブに引けを取りません。

img_2134
手の平側は、毛羽立った薄手のフリース仕様になっているので温かく柔らかい肌触りになっています。滑りとめ加工は無いですが、親指・人差し指・中指の3本の指でタッチパネル操作が可能。

img_2135
親指部分はフリース地になっているので曇ってしまったサングラスやゴーグルを拭いたり、冬場のランニングで意外と出てくる鼻水を拭うのにも一役買います。

ランナーにとって追い込むことも重要ですが、身体を思いやることも大切なこと。寒さに負けず走り続けてくれるご自身の身体の冷え対策に早めのグローブの着用がお勧めです。
本日のブログは、最近ランだけでなくボルダリングにハマり始めた松下がお届けしました。
今日もスタッフKOIZUMIとHAMADAと共にジムに行ってきます!!

© 1995 TAMAYA co.,ltd.