今年の秋冬シーズンで3年目を迎える BURTON Thirteen。シーズンを重ねるごとに、確実にファンが増えているのと、より、デザインに世界観が出てきているように感じてますね。最近ではスノーボードをやらない方でも、その世界観を好んでくれてウェアーを手に取って頂ける方もみえます!

少しだけ、BURTON Thirteenをおさらい。

●BURTON Thirteenとは
BURTONとwhitemountaineeringを手掛けるファッションデザイナー相澤陽介(THIRTEEN WORKS INC)によるコレクション。
機能性、素材、ディテールを追求したプロダクトは、雪山と街の境界を無くした全く新しい世界を表現したブランド。

今回のブログでは、今年の新作の一部をご紹介。

●Qaletaqa(⇒
1301
今シーズンは、このネイティブ調の柄がBURTON Thirteenのキーグラフィック。
インパクトが強過ぎるグラフィックで、単体で見るとちょっと敬遠しがちではあるものの、パンツに落ち着いたトーンのモノをチョイスする事で、実は結構使えるアイテムに大変身。
1303
(179c, / 64kg / size:L)
JKT等のインナーとしてお使い頂く事で、チラリと見える着方でこの柄を遊ぶの良いのではないでしょうか。
1310
素材は化繊ベースのアイテム。BURTONのオフィシャルHPでは、オンスノーのインナーにオススメしますといった内容の記載がありますが、個人的にはレーヨンがかなり沢山入っていますのであまりお勧めはしません。ただ、本当に着心地が気持ちよく、非常に暖かいインナーですので、デイリーユースでヘビーにお使い頂きたいアイテム。

●Klagetoh Pant(⇒
1302
柔らかいナイロンでプリマロフトの綿を包み込んだ、冬に嬉しいあったかパンツ。
パンツのウエスト部分と裾は、ストレッチ性の高い柔らかいリブを使用。特に裾のリブがある事で足首までしっかり暖かく、また、ウインターブーツを履く時に嵩張りが抑えられるのも有難いですね。

1304
パンツのシルエットは綺麗なテイパードがされており、綿パンツなのにダボダボしておらず、すっきりしているのは、流石BURTON Thirteenっていった感じですね!!
1312
(179cm / 64kg / size:L)
時期的には、このあったかパンツを穿くには少し早いですが、今年の冬用に今から是非チェッしておいて下さいね!

志摩半島トレイルランニングレース ボランティア募集中。
地元だからこそ、ボランティアでの参加も良いのではないでしょうか!!(⇒
飯田